facebook instagram youtube

城崎温泉

Travel

UpdateFebruary 26, 2018
ReleaseFebruary 26, 2018

■城崎温泉 ゆかたビレッジ 
春は桜、夏は柳や蛍、花火、秋は紅葉、冬は雪景色。落ち着いた美しい城崎の街並みはゆかたで散策するのが似合います。

■タイムスケジュール 
外湯めぐりが城崎温泉の名物。外湯とは、旅館の中ではなく外にある温泉施設のこと。ゆかたに着替え、下駄の音を響きわたらせながら街歩きを楽しみましょう。

・15:00 
旅館にチェックインしたら、さっそくゆかたに着替えます。着方がわからなかったら気軽に宿の人に聞きましょう。温泉街を散策しながらショッピング。麦わら細工の小物がかわいい。街には7つの外湯があり、ところどころに足湯もあります。デジタル外湯券「ゆめぱ」で外湯めぐりも楽ちん(*ゆめぱの詳細は宿の人に聞いてくださいね)。湯上りには地ビールやラムネ、ソフトクリームがおいしい!

・18:00
宿で夕食。カニや但馬牛をはじめ、地元の野菜などを使ったおいしい夕食を堪能。

・19:00
もう一度街へゆかたでくりだします。夜でも安全で安心な街歩きができるのも城崎ならでは。一の湯から御所の湯の間は夜がおすすめ。射的場などお楽しみが一杯です。

・翌朝
朝湯を楽しんだあとチェックアウト。ショッピングを軽く楽しんだら、周辺の観光スポットへ。玄武洞やこうのとりの郷公園、城崎マリンワールドや城下町 出石などが見どころです。

■夏の城崎の魅力 
城崎温泉は兵庫県の北、日本海側に位置し、海と山に囲まれた自然豊かな場所。約1300年前からすでにあったといわれます。多くの旅館や土産物店が並び観光客で賑わう湯の里通りから1本入れば閑静な散歩道、木屋町通り。北柳通りの柳並木も美しい。2013年2月に発行された「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(フランス語版)で二つ星として掲載され、また英語ガイドブック「ロンリープラネット」でも「Best Onsen Town」と紹介されました。
城崎温泉には、鴻の湯、まんだら湯、御所湯、一の湯、柳湯、地蔵湯、さとの湯という7つの外湯があります。通常旅館のゆかたといえば旅館内のみ着用がルールですが、城崎温泉は違います。温泉街をひとつの大きな旅館と見立て、ゆかたを着ての外湯めぐりが城崎温泉の楽しみなのです。宿によっては備え付けのゆかたのほか、色ゆかたを選ぶこともできます。ゆかたと帯のコーディネートを考えるのも楽しいもの。タオルだけ持って外湯めぐりに出かけましょう。外湯には定休日があるので、あらかじめチェックしておきましょう。各外湯にその日一番最初に入った人には一番札がプレゼントされます。
6月上旬から下旬にかけてはホタルが見られます。7/29-8/31は縁日。夏の土日には色とりどりの花火も打ち上がります。8/21は、灯篭流し。
城崎のグルメといえば、全国の黒毛和牛のルーツである但馬牛は最高においしい牛肉。松葉ガニは11月~3月までの冬の味覚の王様。カニの中でもその繊細な身と、濃厚なミソの味は絶品です。地酒もおすすめです。

■アクセス 
●飛行機の場合
羽田空港->大阪伊丹空港(1時間)->コウノトリ但馬空港(40分)->城崎温泉駅(タクシー/バスで30分)

●電車(JR)の場合
京都駅から:特急きのさきで2時間30分
大阪駅から:特急コウノトリ(2時間45分)
三ノ宮駅から:特急はまかぜ(2時間30分)
姫路駅から:特急はまかぜ(2時間)
※JR城崎温泉駅から旅館組合運営の無料送迎バスが利用できます。
※所要時間は概算です。交通状況により変わることもあります。

城崎温泉Facebook
https://www.facebook.com/KinosakiOnsenTIC

お宿とれとれ(英語版)http://www.kinosaki-web.com/en/
観光情報やイベント、四季ごとの綺麗な写真が載っている観光&お宿紹介サイトです


城崎温泉は、「日本一ゆかたの似合う女性」を選ぶ『ミスゆかたコンテスト』を行っています。ぜひ投票に参加してください! http://www.kinosaki-yukata.com/vote2013.html