facebook instagram youtube

鹿児島・宮崎 (ATT.JAPAN ISSUE 39)

Travel

UpdateFebruary 26, 2018
ReleaseFebruary 26, 2018

2008年、ある歴史上の人物が日本人の関心を集めている。江戸幕府十三代将軍徳川家定の正室、篤姫(1836-1883)だ。今年のNHK大河ドラマでは、ヒロイン篤姫の生涯を通して、大きく変化していく19世紀の日本の姿が描かれる。
薩摩・島津家の分家に生まれた篤姫は、その利発さゆえに薩摩藩主島津斉彬の目にとまり、彼の養女となった。当時、島津藩は本土最南端の地にありながらも、冷静かつ先見性に満ちた視線を持つ藩であった。江戸幕府の将軍の世継ぎに一計をめぐらせる藩主島津斉彬は、篤姫に密命を与え将軍家の正室として江戸に送り込む。雄大な桜島の噴煙を眺め、波おだやかな錦江湾で遊ぶ純朴で利発な少女は、こうして将軍の正室という地位と責任を与えられ、幕末の日本に大きな影響を与えることになった。そんな彼女の人生を知ることで、私たちは激動の時代の日本について学び、篤姫を育んだ薩摩の文化と自然、そこに生きた人々の力強い気質を感じることができるだろう。
陽光まぶしい南国の地。春の訪れとともに、篤姫の故郷を訪れてみてはどうだろうか。

南九州の特徴
九州は日本の南西部に位置する島。日本で3番目に大きなこの島は北部九州と南九州の2つの地域からなる。南九州とは鹿児島県と宮崎県を指す。鹿児島県と宮城県南部は、室町時代(1392-1573)から江戸時代(1603-1867)まで薩摩と呼ばれた。大名島津氏の勢力下にあり、九州内の他の地域とは異なった文化が見られる。日本神話や、邪馬台国に登場する熊襲や隼人などの勇猛な一族の説話に登場する土地が多い。山間部には、平家落人伝説が残る山村も多い。

鹿児島
九州の玄関口である福岡から、2004年に開業した九州新幹線で2時間11分。鹿児島市は、古くから薩摩藩の城下町として栄えた南九州の拠点都市だ。中国大陸に近いという立地条件から、早くから貿易も活発に行われ、中国文化やヨーロッパ文化の門戸ともなった。1549年には、宣教師フランシスコ・ザビエル(1506-1552)が上陸し、日本初のキリスト教伝来の地となる。19世紀の中頃には、ヨーロッパの機械文明を取り入れた研究が進み、反射炉や溶鉱炉が造られ、日本における近代工業化の発祥の地となった。明治維新期(1868)においては、西郷隆盛(1828-1877)や大久保利通(1830-1878)といった維新の立役者たちを輩出した地でもある。

鹿児島のシンボルはなんといっても桜島。市内のどこからでも噴煙をあげる雄大な姿を見ることができる。食べ物は、黒豚、薩摩牛、鹿児島ラーメンが有名だ。ここに紹介する鹿児島市内の観光地は、いずれもカゴシマシティビューと呼ばれる観光地周遊バスでめぐることができる。交通局乗車券発売や観光案内所では、一日乗り放題の「カゴシマシティビュー一日乗車券」も販売されている。

仙巌園
1658年に、19代薩摩藩主島津光久(1616-1695)が別邸として造営したもので、磯庭園とも呼ばれる。借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾(錦江湾)を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園が特徴。庭園内の御殿では、造営時の島津家の暮らしぶりが再現されている。庭園散策の後は、園内の茶店で名物”両棒餅”を食べてみよう。

尚古集成館
28代薩摩藩主島津斉彬(1809-1858)が19世紀半ばに西洋にならって作り上げた工場群が母体。工業化を進めた島津家の歴史を語り継ぐ博物館。島津家伝来の史料を中心に文書や書画をはじめ歴代の当主らの鎧、薩摩切子や薩摩焼などの工芸品、反射炉模型などの約1万点を収蔵。仙巌園に隣接。

桜島
鹿児島湾にある東西約12km、南北約10kmの半島。半島は御岳と呼ばれる活火山によって形成され、頻繁に噴火を繰り返してきた。現在も小規模であるが噴火することがある。鹿児島市街地からは桜島フェリーで渡ることができる。桜島ビジターセンターでは桜島の噴火の歴史を知ることができる。

城山公園
市街の中心部、標高107メートルの山頂に位置する公園。鹿児島市街と桜島、鹿児島湾が一望できる。日中の景色はもちろん、夜景もすばらしい。

天文館
鹿児島市内一の歓楽街。数々の商店や飲食店が軒を連ねる。

指宿・開聞
温暖な気候で、ハイビスカスやブーゲンビリアなどの美しい花々が咲き乱れる指宿。九州を代表する温泉地としても有名だ。南国の自然と砂むし風呂を体験したい。JR指宿駅までは、JR鹿児島中央駅からは快速列車利用で約50分。

砂むし体験
指宿温泉の摺ヶ浜は、日本で唯一天然砂むし風呂があるところ。砂浜に寝そべって、海岸に自然湧出する温泉の熱で温められた砂を体全体にかけて温まる。公営の「砂むし会館砂楽」は錦江湾に面している。

池田湖
薩摩半島南東部にある周囲約15km、ほぼ円形のカルデラ湖。開聞岳の噴火によって陥没してできた、水深233mの九州最大の湖。湖には体長2m級の大ウナギが生息している。謎の生物、ネス湖のネッシーならぬイッシーがいるといわれている。

開聞岳
標高924mの火山で、日本百名山の一つ。見事な円錐形の山容から別名薩摩富士とも言われている。らせん状の登山道が整備され、三時間程度で登山することができる。山頂からは、晴れた日には、世界遺産の屋久島もみえるという。途中には険しい岩場も存在するので、準備は入念にしたい。

知覧
知覧には、江戸時代(1603-1867)、薩摩藩上級武士の住居と外敵からの防御を兼ねた武家屋敷が築かれ、今もなお武家屋敷群が当時のままに残されている。1941年には陸軍知覧飛行場が完成し、太平洋戦争末期の沖縄戦では、知覧飛行場は本土最南端の特別攻撃隊の出撃地となった。鹿児島市内からは、山形屋バスセンターより鹿児島交通バスで約1時間20分。

知覧武家屋敷群庭園
約260年前に形成された武家屋敷群とそれを取り囲む庭園が見所。7つの庭園が昔ながらの姿で良く残っており国の名勝に指定されている。

知覧特攻平和会館
太平洋戦争末期に編成された特別攻撃隊に関する資料を展示する施設。世界恒久の平和を訴えるために建設され、零式戦闘機をはじめ特別攻撃隊の遺品や遺影、記録などを展示している。

霧島・えびの高原
鹿児島と宮崎両県にまたがる霧島。周囲には数多くの温泉地が点在。山ひだのあちこちに温泉の源泉が口を開け、湯けむりが噴出す。東には、天孫降臨神話の地とされる高千穂峰がそびえる。
えびの高原は、宮崎県と鹿児島県の県境に位置する標高1200mほどの高原。4つの火口湖をもつ。春から夏にかけてはミヤマキリシマやノカイドウなどの花々が咲き乱れ、秋はススキの群生や山を染めあげる紅葉、冬は樹氷と、みごとな景観を見せる。ハイキングやバードウォッチングなどが楽しめる。

霧島神宮
祭神は、天孫降臨神話の主人公であるニニギノミコト。6世紀の創建。霧島山の噴火によってたびたび焼失し、現在の社殿は1715年に再建された。境内は老杉が茂り荘厳な雰囲気。ご神木の杉は樹齢800年を越すという。

えびの高原散策
えびのエコミュージアムセンターから池めぐりの散策コースがあり、全長5キロメートル。所要約1 時間30分。

韓国岳
標高1700mの活火山。頂上には、直径約900m、深さ約300mのカルデラがある。山頂からは霧島連山のやまなみが素晴らしく、遠くには桜島も見渡すことができる。登山の際には、えびの高原からのルートが一般的だ。くれぐれも準備は入念に。

宮崎
宮崎の年平均気温は18℃前後。街中には緑と花があふれ、幹線道路にはパームツリーが立ち並ぶ。冬でも暖かな陽光を浴びることができるため、日本国内や韓国からも多くのスポーツチームや選手がキャンプで訪れる。食の街としても有名だ。県内産の弾力ある肉質が自慢の鶏肉や黒毛和牛、温暖な気候を生かして生産されたフルーツが味わえる。フライドチキンに甘酢とタルタルソースで味付けした”チキン南蛮”も宮崎名物のひとつ。

宮崎市内
西橘通りは、宮崎駅の西口から徒歩5分ほどの場所に位置する市内一の歓楽街。宮崎の郷土料理が味わえる店も多い。青島は、宮崎市の中心部から海岸沿いに南に10キロほどの位置にある周囲約1kmの小島。島では200種類以上の植物が確認されており、そのうち熱帯性及び亜熱帯性の植物が27種あり、国の特別天然記念物に指定されている。島内には植物園や神社がある。潮が引けば歩いても渡ることができる。島を囲む波状岩の風景も見どころ。

日南海岸
宮崎県南部、太平洋に面した風光明媚な海岸。海岸線と共に海中の美しさでも知られる。海岸沿いには、豊かな自然があふれ、野生のサルや馬が観察できるポイントが点在する。

鵜戸神宮
日南海岸のほぼ中央部に位置し、断崖中腹の岩窟内にある。参拝するには崖にそって作られた階段を降りる。本殿近くには「亀石」と呼ばれる石があり、亀石の背中に空いた穴に素焼きの玉を投げ入れることで願いがかなうといわれている。

幸島
周囲約3.5キロの小島。島内には、約100匹の野生猿が生息している。イモや麦を海水で洗い、あるいは味つけをして食べるような猿の姿は有名で、観察目的で訪れる人も多い。対岸より渡し舟で渡ることができる。島内への食べ物の持込は厳禁。

都井岬
日南海岸の最南端に突き出た岬。この岬には、御崎馬と呼ばれる野生の馬が棲息する。現存する日本在来馬のひとつで、国の天然記念物に指定されている。

アクセス
+鹿児島
国内各地より:飛行機
福岡より:JR九州新幹線で2時間11分

+宮崎
国内各地より:飛行機
大阪より:フェリーで約13時間
福岡より:高速バスで約3時間40分またはJR特急 別府経由で約5時間10分