facebook instagram youtube

原宿

Travel

UpdateFebruary 27, 2018
ReleaseFebruary 27, 2018

JR山手線・原宿駅。1925年に竣工した木造建築の駅舎。竹下口を出て、まずは竹下通りを歩いてみよう。アパレルショップやアクセサリー店、雑貨屋、クレープなどスイーツの店、レストランが軒を連ねる。週末ともなると、若者を中心とした様々な人々で道は溢れかえり、前に進むのが困難なほどだ。

一息つくには、1本道を入って東郷神社にお参りするのが良いだろう。騒がしい竹下通りとは打って変わり、閑静で穏やかな空気が流れる。明治通りに出たら右へ曲がり少し進むと、右手に「ラフォーレ原宿」。東京のファッションがここに集い、ここから発進されていく、とも言われる。6階には「ラフォーレミュージアム原宿」があり、様々なカルチャーシーンをチェックできる。

明治通りを渡ると、GAP。ここから裏道に入ってみよう。竹下通りとは雰囲気が一変し、様々なセレクトショップが建つ。このあたりは「裏原宿」と呼ばれ、少しとがった、洗練された雰囲気が魅力だ。「キャットストリート」にはしゃれたアパレルショップが立ち並ぶ。それぞれの店が抜群の個性を発揮した品揃えを実現しており、客の服装も皆おしゃれ。ぜひ「裏原ファッション」の一端に触れてみよう。

原宿通りから細い路地を1本入ったところに、突然カラフルで奇抜な建物が現れる。一見の価値ありなこの建物は、毎年2回東京で開催されているオリジナルアート作品展覧会「デザイン・フェスタ」のギャラリー。オリジナリティ溢れる実験的作品が数多く飾られている。カフェも併設。