facebook instagram youtube RSS

函館を歩く

Travel

UpdateFebruary 21, 2018
ReleaseFebruary 21, 2018

南北海道の中心都市・函館は今年(2009年)、開港150周年を迎える。1859年に日本最初の貿易港として開港した5港のひとつとして発展してきた。北海道内では札幌、旭川に次いで人口が多く、津軽海峡に突き出た函館は函館山の斜面に扇状に開けた独特の形をしており、坂の多い街でもある。歴史・異文化・温泉・自然・夜景・食などコンパクトな町の中に様々なものが凝縮されている。五感を存分に刺激して楽しめる港町だ。

朝市

函館観光の起点は、函館駅。駅の構内には観光案内所もあり、函館観光に必要な情報が収集できる。駅から徒歩1分の場所に有名な函館朝市がある。約300の店舗がひしめく大型市場。朝一番に水揚げされた新鮮な魚介類や野菜、果物が店頭に並び早朝から活気に溢れている。朝市の雰囲気を楽しむのであれば早朝から昼前に行くのが良いだろう。どんぶり横丁をはじめ、函館名産の新鮮なイカはもちろん、カニ・うに・イクラなどの魚介類をふんだんに使った自慢の食堂がたくさんある。

函館市電

腹ごしらえが済んだら市内の観光に繰り出そう。見どころいっぱいの函館だが、市電を使っての観光がとても便利だ。湯の川から谷地頭(やちがしら)と函館ドックへの2系統だが、日中の運転間隔は5~10分で、市内を巡る移動手段としてお薦めの乗り物だ。乗り降り自由の市電1日乗車券は600円とお値ごろ。2日乗車券やバスとの共通券などもあり、自分のプランに合わせて購入すれば良い。また、4月15日~10月31日には復元チンチン電車の「函館ハイカラ号」も走っており、レトロな車体を見ることもできる。さらにお得な「はこだてスペシャルチケット」も販売される。2000円で、市電1日乗車券(600円)またはレクサ元町バス1日乗車券&五稜郭シャトルバス往復券(計700円)と、利用可能な入場・飲食施設で使える「もぎりチケット」13枚がセットになったお得なチケットだ。

元町

函館駅から市電に乗って元町へ向かおう。末広町電停で下車。函館は魅力的な坂の多い町だ。基坂(もといざか)を登っていくと函館市旧イギリス領事館を左に見て、元町公園に到着する。明治から昭和初期まで函館奉行所や開拓使が置かれていた跡地に造られた公園だ。旧北海道庁函館支庁庁舎があり、1階には函館市元町観光案内所、2階に函館市写真歴史館が入っている。

元町公園に隣接する旧函館区公会堂は1910年に建築された木造の洋館で港を見下ろす高台にある。国の重要文化財に指定され、大理石の使われた応接室や豪華な調度品にも注目だ。海を見渡す八幡坂(はちまんざか)は、ロケーションの素晴らしさからドラマ、CMや映画の舞台としてもしばしば登場。坂上から函館港を望む光景はお薦めスポットのひとつだ。

元町周辺には函館ハリストス正教会、カトリック元町教会、日本聖公会函館聖ヨハネ教会などの教会が点在している。ハリストス正教会は日本で最も古いギリシャ正教会。カトリック元町教会はゴシック建築のローマカトリック教会。日本聖公会函館聖ヨハネ教会はチャチャ登りの途中にある十字架をイメージした外観が有名なイギリス国教会系の教会。元町には展望のいいカフェや19世紀半ばから20世紀前半に作られた建造物を利用した飲食店や土産物店も多い。
二十間坂(にじゅっけんざか)から港を眺めながら下っていくと函館のベイエリアに到着する。

函館ベイエリア

函館ベイエリアには、明治末期に造られ港のシンボル的存在として歴史を刻んできた赤レンガの金森倉庫群がある。現在、金森赤レンガ倉庫は、多くのショップやレストランを営業する一大ショッピングエリアになっている。函館西波止場、はこだて明治館、BAYはこだて、はこだて海鮮市場といった複合施設や波止場周辺には個性的なレストランもあり、夕方、港の夜景を楽しむのもお薦めだ。函館港には1988年を最後に本州の青森と函館を結ぶ使命を終えた青函連絡船「摩周丸」が旧青函連絡船桟橋に係留し、保存・展示してある。

函館山

夕食を済ませたら市電十字街電停で下車し、徒歩10分ぐらいで函館山ロープウェイ山麓駅に到着。山麓駅から125人乗りのゴンドラに乗りこみ約3分で山頂駅に到着。標高334mの函館山頂上展望台からは海に挟まれた扇状の函館の街並みが一望でき、ロマンチックに浮かぶ夜景はイタリア・ナポリ、香港と並び世界三大夜景のひとつ称され、函館観光のハイライトだ。夜景を見るなら、日没後30分~2時間ぐらいが夜景観賞に適した時間で、22時以降は街のライトアップが消え、光の数が少なくなってしまう。

五稜郭公園

市電を利用して五稜郭公園前電停で下車。徒歩8分ぐらいで五稜郭公園に到着。ひときわ目立つのが五稜郭タワー。2006年、高さ107mの新タワーが完成。展望室から眺める星型の城郭が五稜郭。1857年から7年がかりで築城された日本初の洋式城郭で、旧徳川幕府軍と新明治政府軍の最後の戦いである箱館戦争(1868-1869)の舞台ともなった。市立函館博物館五稜郭分館や北海道立函館美術館、函館市北洋資料館、老舗デパート丸井今井などが公園周辺にはあり、元町やベイエリアとはひと味違う趣がある。春は1600本の桜(ソメイヨシノ)や藤、冬はイルミネーションなど四季を通じて楽しめる。

湯の川温泉

市電湯の川行きで、終点一つ手前の湯の川温泉電停で下車すると、北海道内屈指の規模を誇る湯の川温泉がある。函館市街や空港からも近く日帰り温泉施設で楽しむも良し、ホテルや旅館に宿泊し、温泉情緒をたっぷり味わうのも良いだろう。1653年に開かれ、泉質は塩化物泉でリュウマチや神経痛に効果があるといわれている。イカ漁最盛期となる夏から秋にかけては、海上に浮かぶ漁火を見ることができる。漁火を眺めながら、ゆったり温泉に浸かりリラックスできるのは湯の川温泉ならではの楽しみである。

トラピスチヌ修道院

湯の川電停そばの湯倉神社前からトラピスチヌ修道院へバスが出ている。トラピスチヌ入口で下車して10分ほど歩くとトラピスチヌ修道院に到着。1898年にフランスから派遣された8人の修道女により創設された日本最古の女子修道院。見学は赤レンガ造りの修道院聖堂の前庭までだが、手入れの生き届いた園内には聖母マリア像や聖ミカエル像が建てられ厳粛な雰囲気が漂っている。トラピスチヌ修道院で作られるトラピスチヌバター飴やコーヒー飴は函館名物。マドレーヌはこの修道院の売店でしか売っていない貴重なものだ。

大沼公園

大沼、小沼、じゅんさい沼の3つの湖沼を中心に広がる大沼公園は自然溢れる国定公園。函館の市街地から車で1時間足らずの場所にある。大沼は駒ヶ岳の噴火によって生じた泥流が係留をせき止めてできた周囲24km、水深13.6mの湖。湖上に浮かぶ大小126の島々と、湖越しに望む駒ケ岳の織り成す光景が美しく、いくつかの小島を結ぶ18の橋と、散策路が設けられていてネイチャーウォークを楽しむことができる。遊覧船やボートのほか、乗馬、カヌーやレンタサイクルを利用して湖めぐりを楽しむこともできる。大沼を見下ろす駒ケ岳は、爆発によって吹き飛ばされた鋭い山頂部となだらかな稜線を持つ独立峰。稜線部には3つのピークがあり、火口も3つある。1998年に火山活動が始まり現在は登山規制中。7月18日~8月2日までの土曜日・日曜日・祝日、8月8日~16日までの毎日、「SL函館大沼号」が走る。蒸気機関車で大沼公園、駒ケ岳などの風景を眺める旅はいかがだろうか。

最近、注目を集める函館の食。イカ料理、寿司、海鮮料理など鮮度抜群の素材を使った料理や北海道ラーメンの代表・函館塩ラーメンが人気だ。函館っ子おなじみのご当地バーガー、ラッキーピエロのハンバーガーもお薦めの一品。豊富な種類、できたて熱々の味、食べ応えのあるボリュームで満足すること間違いないだろう。庶民の味なら駅の近くの大門横丁で楽しめる。2009年4月に2009世界料理学会(THE WORLD CUISINE ACADEMIC MEETING IN HAKODATE 2009)が函館で開催された。19世紀に国際貿易港として開港した函館は、いち早く洋食文化が根付いた街だ。食材の宝庫である北海道の素材を使って函館の料理人たちが研鑽に努め、ジャンルを問わず新たな食の提案も試みている。4月には、函館の旧市街=西部地区をスペインのバル街に見立てて徹底的に楽しむ第11回「函館西部地区バル街」が開催された。

意外に近い函館

東京から函館までの主なアクセス手段は飛行機と鉄道。飛行機だと羽田から函館空港まで約90分。空港から市内も近いため2時間強で函館に行くことができる。鉄道利用の場合、東北新幹線の八戸で乗り換え、特急利用で函館まで約6時間半。上野発の寝台特急を利用することもできる。2010年、東北新幹線の新青森までの延伸で函館までの所要時間が50分ほど短縮され5時間台となる予定。また、2015年開業予定の北海道新幹線なら、新函館まで最速3時間12分と大幅な時間短縮が見込まれている。また、より多くの飛行機が飛んでいる新千歳空港の地下にはJR新千歳空港駅があり、そこからJRで函館までの移動も可能。隣駅の南千歳駅で乗り換える。特急列車に乗れば、乗り換えの時間も入れて約3時間だ。

函館開港150周年

函館では今年、開港150周年にちなんだイベントが目白押しだ。特に中心となる記念事業は2009年8月8日(土)~8月16日(日)まで函館港・緑の島特設会場Dream Box 150で食、音楽、スポーツをテーマとして催されるイベント・アトラクション。五感で函館を楽しもう。