facebook instagram youtube RSS

日本の酒シリーズ 日本酒

Magazine

UpdateMay 19, 2018
ReleaseMarch 10, 2018

日本酒は、日本の自然と気候が生み出した酒。味も飲み方もバラエティ豊かで一言では語りつくせないのが日本酒の魅力です。
日本酒を製造している酒蔵は1500を超えると言われており、個性的な酒がたくさん。旅先ではその土地ごとの日本酒を味わってみませんか?

1 日本酒とは?

日本酒は米を発酵してつくられる醸造酒。米に含まれるでんぷんを麹菌によって糖化し、そこに酵母を加えて発酵させるという複雑な仕組みでつくられます。
酒米、水、麹、酵母の違いによって唯一無二の日本酒が生み出されます。

2 日本酒の種類

とにかく種類豊富な日本酒も、まずはタイプを知れば選ぶのも簡単になります。

■香りと味わいの違い
お店で日本酒選びに迷ったら、この4タイプから好みを言えばおススメを教えてくれるかも。

・薫酒(主に吟醸酒系)
フルーティな香りが特徴。フレンチやイタリアンとも相性がいい。
・爽酒(主に本醸造酒系)
ハーブやシトラス系のすっきりとした香り。初心者にも飲みやすい。
・醇酒(主に純米酒系)
コクのあるタイプで、米の酒ならではの旨味が感じられる。
・熟酒
熟成させた日本酒で、香りも味もやや甘めで濃厚。

■精米歩合の違い
精米歩合(玄米を削って残った割合)と、原料(醸造アルコールの添加の有無※)の組み合わせの違いで名称が分けられます。
精米歩合が低いほどお米の良いところしか使わないということ。
※醸造アルコールを添加することで香り高くなり、保存性が上がる効果がある。

たとえば・・・
・純米酒(原料:米、米麹)
米の旨味やコクが感じられる。吟醸酒より比較的リーズナブル。
・本醸造酒(精米歩合:70%以下、原料:米、米麹、醸造アルコール)
純米酒に近いがよりまろやか。
・吟醸酒(精米歩合:60%以下、原料:米、米麹、醸造アルコール)
フルーティな香りが特徴。中でも精米歩合50%以下のものは「大吟醸酒」と呼ばれます。

3 イマドキ日本酒事情

シャンパンのような飲みさすさ!スパークリングタイプ

フォトジェニック!?カラフル日本酒

ラベルやボトルもスタイリッシュに。

4 飲み方色々

それぞれの酒にあった飲み方があります。お店の人におすすめを聞いてみましょう!

・温度
…すっきり爽やかな口当たり。
常温…まろやかで酒の旨味を感じやすい。
…豊かな香りが引き立ちます。

・酒器
磁器…酒の色も引き立ちます。
陶器…ぬくもりを感じる見た目。
グラス…香りを楽しむならワイングラス。
…見た目もユニーク、木の香りも良い。

・ペアリング…和食以外にも合うんです!
薫酒×カプレーゼ
素材の味を楽しむ淡白な料理と合う。
爽酒×サラダ
爽やかであっさりした料理との相性がいい。
醇酒×ピザ
酒のコクが強いので肉料理やチーズが合う。
熟酒×チョコレート
合わせるものも濃いめに。意外とチョコがイケる。

やわらぎ水を忘れずに!

日本酒の合間にのむ水のこと。悪酔いや二日酔いを避ける効果があると言われています。

日本酒おすすめスポット

・ぽんしゅ館
新潟県中の90以上の酒蔵の酒を試飲できる(500円で5杯)。
JR新潟駅、JR越後湯沢駅、JR長岡駅

・KURANDO
全国の日本酒100種類が飲み放題!酒器を変えて飲み比べもできる。
上野店、新橋店、ほか

日本酒についてもっと知りたいなら・・・
「見て・触れて・体験する」日本の酒情報館
一杯100円から試飲ができて、その場で日本酒を購入できます。
(入場無料)
最寄駅:東京メトロ虎ノ門駅・霞ケ関駅

6 全国の酒

山形県
雪国のため地下水が豊富。厳しい寒さも酒づくりには最適。

東京都
東京の中でも自然が多い多摩地域には酒蔵がいくつも。気軽に酒蔵見学に行けます。

新潟県
日本有数の米どころであり、蔵元数1位を誇るバラエティ豊かな日本酒王国。

コラム:新潟を走る、お酒を楽しむリゾート列車
新潟県内を走る“酒”をコンセプトとした列車「越乃Shu*Kura」。
トップクラスの日本酒生産量を誇る新潟県ならではの列車です。
ジャズやクラシックの生演奏を聴きながら、地酒と地元食材のオリジナルおつまみを味わうことができます。
車窓を流れる風景もご馳走。蔵元の方々が一緒に列車に乗り、語らいながら日本酒をふるまうイベントもあります。

こちらもチェック!
新潟県内4つの蔵とコラボレーションしている「新潟しゅぽっぽ」は、JR新潟支社が設立した「新潟ファーム」で造られた同じお米を使って作ったお酒。
同じお米を同じ精米歩合で仕込んでも、蔵によって全く違う味わいが異なるので、4つの味を比べてみては?

長野県
長野県は新潟県についで蔵元数2位。長野名産の味噌やチーズもおつまみにぴったり。

京都府
京都市伏見区は歴史ある有名な酒蔵が立ち並ぶ日本酒の街。街並み散策も楽しい。

兵庫県
日本酒製造量1位の兵庫県。酒造りに適した硬水と酒米の産地である灘の酒はとくに有名。

福岡県
江戸時代から酒づくりが盛ん。おつまみは名物の辛子明太子やもつ鍋で決まり!