facebook instagram youtube RSS

日本の文房具

Magazine

UpdateAugust 9, 2018
ReleaseAugust 9, 2018

文房具は学生でも社会人になってもなくてはならない存在です。様々な工夫と技術で日本の文房具はどんどん進化してきています。日本のお土産として文房具を買うのはいかが?

オススメの文房具はこちら!

 

 

”可愛い” mt-masking tape-
カラフルで可愛いマスキングテープ「mt」シリーズはただ貼るだけではなく、メモを書いたり、インテリアのデコレーションにしたり、アルバム作りなどで活躍できる優れものです!
151円〜

 


 

”すごい” LIHIT LAB. SMART FIT PuniLabo スタンドペンケース
机の上で「立つ」ペンケース。底面を押し込むとペンの先端が出るので取り出しやすく、机の場所を取らずに済むので便利です!
1,512円

 

”便利” ハリナックスプレス
普通の針なしのステープラーはとても便利だけど穴が開いてしまいます。その悩みを解決するために開発されたのが穴を開けずに紙を綴じられるホッチキスです。外したい時はこするだけ!
1,188円

 

”簡単” PLUS 早撃ちケシポン
個人情報保護用に作られたスタンプ。こちらは一度にまとめて広い範囲をスタンプで消せるので、効率よく住所や宛先を見えなくすることができます。
972円 (レギュラーサイズ)

 

 

 

”ナイスアイディア” ぺんてる orenznero
シャープペンは途中で芯が折れると残念な気持ちになりますよね。ぺんてるのorenzneroは自動で芯を出してくれる機能付きで芯がなくなるまで書き続けることができます。
3,240円

 

 

*金額はすべて税込み

 

 

東京の文房具屋店

 

文房具店には数千、数万ものアイテムが揃い、男性も女性も子供から大人まで誰もが楽しめる場所です。東京にある文具店をいくつかピックアップしてご紹介します。



丸善 池袋店

池袋の大型文具店。京急線と西武線の車輌(カットボディ)が展示されているのが目印です。日常的に使える文房具やお土産に最適なアイテムも揃えており、見ているだけでも楽しい場所です。1階にはカフェスペースもあるので買い物した後はゆっくりくつろぐ事もできますよ!

池袋駅(JR、東京メトロ、東武、西武)

 




銀座・伊東屋

1904年にオープンし、100年以上の歴史がある伊東屋は2015年にリニューアルしました。ここは体験できる文房具店としてフロアごとにテーマが分かれています。約2,000本を取り揃える万年筆のフロアや自分好みにカスタマイズできるノートのコーナー、手紙を書いて投函できるコーナーなどまさに文房具のテーマパークです。

銀座駅(東京メトロ)

 


世界堂 新宿本店

世界堂は美術やクラフトのための画材や文具、額縁の専門店です。専門店ならではの品揃えは豊富なので困った時はここに来ると探していたものがすぐ見つかるかもしれません!アッと驚くモナリザの絵が目印です。

新宿3丁目駅(東京メトロ)
新宿駅(JR、小田急、京王)


東京鳩居堂 銀座本店

1663年創業の、香・書画用品・和紙製品の老舗専門店。上質な「文房四宝」(筆・墨・硯・紙)のほか、和紙の工芸品やシールなど、「和」の風合いを楽しめる商品を数多く取り揃えています。

銀座駅(東京メトロ)