facebook instagram youtube RSS

Spring has come! 花咲く関西2019

Magazine

UpdateOctober 19, 2018
ReleaseOctober 18, 2018

一早く春の訪れを感じたいなら、関西で花を楽しみませんか?
たとえば大阪は東京に比べて1~5月の各平均気温が高い傾向にあります。関西は東京よりも一足早く温かさを感じられるかも。
郊外には自然豊かな森林や公園もあり、花を愛でるにはおすすめです。

◆第1なぎさ公園(滋賀県守山市)
見頃:1月~2月
第1なぎさ公園のカンザキハナナという早咲きの菜の花は1月頃に開花します。
約12,000本もの菜の花が一斉に咲き、雪の残る山と黄色い花畑、びわ湖の風景を一度に楽しめます。
最寄駅:JR守山駅

◆灘黒岩水仙郷(兵庫県南あわじ市)
見頃:1月~2月
“花の島”と言われるほどの淡路島で、冬に咲き誇るのが水仙。海に切り立つ急斜面に約500万本もの水仙が群生しています。
斜面を埋め尽くすレモンイエローの花々と瀬戸内海を合わせて眺めましょう。

◆南部梅林(和歌山県みなべ町)
見頃:2月~3月
日本最大級の広大な梅林で、「一目百万、香り十里」と言われるほど。ほのかな梅の香りが辺りを包みます。
シーズン中は梅の種飛ばし大会などのイベントも開催されます。
最寄駅:JR南部駅

◆城南宮(京都市伏見区)
見頃:2月下旬~3月上旬
境内の日本庭園「神苑」は四季ごとに花々で彩られますが、とくにしだれ梅が美しく、巫女が梅の枝を手に持ち神楽を舞う「梅が枝神楽」も鑑賞できます。4月のしだれ桜も見事。
最寄駅:京都市営地下鉄・近鉄 竹田駅

◆万博記念公園(大阪府吹田市)
見頃:3月下旬~4月上旬
「日本さくら名所100選」にも選ばれるほどの桜スポット。夜はライトアップされるので幻想的な夜桜も味わえます。満開の桜と太陽の塔を一緒に写真に収めてみては?
最寄駅:大阪モノレール 万博記念公園駅

◆葛城高原自然つつじ園(奈良県御所市)
見頃:5月上旬~中旬
大和葛城山(標高959m)の斜面がツツジで一面紅に染まる景色は圧巻です。混雑するため、ハイキングかロープウェイで前日に葛城山に登って葛城高原ロッジに宿泊し、翌朝人の少ない時間にツツジを鑑賞するのがおすすめ。
最寄駅:近鉄ロープウェイ葛城登山口駅

※このページの情報は2018年9月の情報です。