facebook instagram youtube RSS

日本橋「未来ののれん展」――喋る暖簾、食欲をそそる暖簾を体験

Events

ReleaseNovember 2, 2018

2018年11月1日(木)~11月11日(日)、日本橋室町で「未来ののれん展」が開催されます。

江戸情緒の残る日本橋では、「のれん」は街並みの重要な特徴の一つです。

マンダリンオリエンタル東京(*こちらの暖簾は展示品ではなく、本来のもの)

「未来ののれん展」では、日本橋地元の企業や店舗がクリエイターとつなぎ、伝統の暖簾に新技術を加えて、新しい体験型「未来ののれん」を創出し、新たな街づくりを実現します。

この「未来ののれん展」は日本橋の4か所で見ることができます:コレド室町1の入り口、にんべん日本橋本店の入り口、三井ガーデンホテル日本橋プレミアのフロントとマンダリンオリエンタル東京のレストラン「ヴェンタリオ」の入り口です。

具体的に紹介していきます。


まず、日本橋の賑わいの中心、コレド室町1の入り口では、話せるのれんが掛けられています。話しているのは江戸時代から日本橋をずっと見守っている神様「のれんさま」。クリエイターは、もともとそこにあった大暖簾の紋をアレンジして、500年以上も生きているおじいちゃん「のれんさま」というイメージキャラクターを創りました。その暖簾に人感センサーや人工音声が付いていて、人が通ると、「のれんさま」がゆっくりした話し方で話しかけてくれます。とても可愛らしいですよ。


「のれんさま」はTwitter(@noren_sama)アカウントも持っています。


Twitterでのれんさまに話しかけると、リアルタイムに答えてくれるそう。のれんさまと遊んでみてくださいね。


実はもともとの暖簾の紋を逆さまにして、目と眉毛をつけたら、優しいおじいちゃんになりました。

これはのれんさまの隣に掲げているもともとの暖簾。

逆さまになって、のれんさまになりました!

次に紹介したいのは、食欲をそそる暖簾。


鰹節の老舗「にんべん日本橋本店」の暖簾をくぐると、店から漂ってくる鰹節の香りとともに、鰹節を削る音や料理を作る音が流れてきて、美味しそうな食の情景が浮かび上がります。クリエイターは調理音を音楽として再構築し、超指向型スピーカーで耳元から音が聞こえるようなシステムを作り、「食」の楽しさ・驚きと美味しさを「音」で感じられる暖簾を制作しました。


不思議な体験をぜひ現場で感じてください。


今年新しくオープンした三井ガーデンホテル日本橋プレミアで、「響きあう、今と昔と」というとてもおしゃれな暖簾が掛けられています。


この暖簾にはバイオメタル(形状記憶合金)を使用し、静音性の高い暖簾の上下運動を実現することによって、暖簾のモアレ現象(点や線を少しずれるように重ね合わせた時にできるまだら模様のこと)を増幅させ、様々な模様を生み出します。

後ろの様子

クリエイターは「今と昔」、「変化と伝統」が混ざり合う日本橋の様子をモアレで表現しています。暖簾のモアレは、あなたが通ることでさらにその表情を変えていきますよ。


最後は、くぐれない暖簾!


マンダリンオリエンタル東京には、暖簾の伝統的なイメージを破り、ホテル本来の空間と合わせて、「森と水」を表現した芸術的な暖簾作品が設置されています。ファンと音を制御し、測域センサーを使って、人の動きに合わせて暖簾が美しくなびき、移ろいゆく森の音を体験することができます。

クリエイターによると、暖簾の枚数が5枚なのは、「5」が縁起のいい数字だからだそうです。


暖簾のそばを通る人の人数や位置により、暖簾の動きも変わるのが面白いです。

ぜひ、未来ののれんを体験し、長い歴史を持つ日本橋の未来を感じてみてください。

「未来ののれん展」開催概要
日時:2018年11月1日(木)~11月11日(日)
入場料:無料
参加店舗:コレド室町1/にんべん日本橋本店/三井ガーデンホテル日本橋プレミア/マンダリンオリエンタル東京
HP:http://nihonbashi-beta.jp/noren/


information

東京

アート

[日時] 2018年11月1日(木)~11月11日(日)

[会場] 

[アクセス] 

[URL]