facebook instagram youtube

コスプレの祭典!世界コスプレサミット2011

Culture

UpdateFebruary 22, 2018
ReleaseFebruary 22, 2018

2011年8月。世界のコスプレイヤーにとって暑い夏が、今年も名古屋にやってきた。世界17か国が参加し、パレードやチャンピオンシップが催される世界コスプレサミット。予選を含めれば数十万人が参加する夏の一大イベントである。

コスプレ=コスチュームプレイ

「コスプレ」とはアニメやゲームの登場人物に扮することで、日本をはじめ世界各国の若者に多くのファンがいる。毎年名古屋で行われる「コスプレサミット」は2003年に初めて行われ、今年で9年目。

コスプレイヤーのパレード

世界中から集まった各国代表コスプレイヤーたちは、8月6日(土)、まず名古屋の繁華街・栄をパレード。レッドカーペットを歩き、集まった観衆に雄姿をお披露目した。河村たかし名古屋市長・大村秀章愛知県知事も見事なコスプレ姿で各国代表を歓迎。午後には観衆の熱狂的な声援を受けながら、500名を超えるコスプレイヤーたちが、昔ながらの面影を残す大須商店街を練り歩いた。

チャンピオンシップ

翌7日(日)はいよいよワールドチャンピオンが決定する日。会場となったオアシス21はアニメ・ゲームファンたちで溢れかえり、熱狂は頂点に。ステージでは1国2分半という限られた時間の中、各国のアイデアに満ちた華麗なパフォーマンスが繰り広げられる。豪華声優陣から成る「JAM project」もアニソンで応援。17,000人の来場者が見守る中、ブラジル代表のマウリシオ兄妹がFINAL FANTASY XIIのコスプレで見事世界一に輝いた。

名古屋へ行こう!

コスプレは今や、世界中のアニメ・ゲームファンを繋げる国際交流の手段となった。2012年はどんなフィーバーが名古屋で巻き起こるだろうか。世界のコスプレの頂点が決まる瞬間を、あなたにもぜひ目撃して欲しい!