facebook twitter instagram youtube RSS

神田あれこれ週記 321

Column

ReleaseJune 5, 2019

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

ミュージカルに行ってきました。ずっと見たかった「レ・ミゼラブル」(帝国劇場)。もう感激でした。役者さん達の歌声に魂の叫び。ダンスに生命の躍動を感じて、久しぶりにスドーンとダイレクトに生(なま)の感動を味わいました。狭い舞台を活かしきって展開していくセットも驚きの連続で、ああ、ミュージカルって総合芸術なんだなってしみじみ実感しました。とはいうものの実はミュージカル12年ぶり。結婚してしばらくは同居の姑に遠慮があったし、その後介護するようになったら気持ちの余裕がなくなり、年月が経ち…。今回はダンナの誕生日祝でやっと機会が作れました。これで世界4大ミュージカル(他に、オペラ座の怪人、キャッツ、ミス・サイゴン)達成です☆ それにしても、昔1993年(?)地元高崎から電車に乗って一日がかりでミス・サイゴン(本田美奈子よかった)を見に行った帝劇に自転車で乗りつけるとは…。来年再演予定のミス・サイゴンも行こうかな、自転車で。

神田あれこれ週記 321
※このページの内容は2019年6月のものです。


writer小川文子


神田駅近くでパン屋さんを営むご夫婦の奥様。東京・神田周辺で起こったことを中心に、日常のあれこれを綴ってお客様に配布している「神田あれこれ週記」が好評です。群馬県高崎市出身。