facebook twitter instagram youtube RSS

世界一美味しい市販日本酒が決定しました!

Culture

ReleaseJune 21, 2019

日本酒選びの参考にできるコンペティション

市販されている日本酒の中で、世界一美味しいお酒を決めるきき酒イベント「SAKE COMPETITION 2019」が開催されました。

SAKE COMPETITION 2019SAKE COMPETITION 2019

日本酒選びって難しいと思っていませんか?

日本酒を選ぶときって、どういう基準で選んでいますか? 日本酒に関する知識を持ち合わせていれば、その知識や好みをもとに選べばいいですが、日本酒の知識をあまり持ち合わせていなかったら、どうやって選べばいいか、困ってしまいませんか? 「日本酒のラベルに記載されている情報は少ないのに、専門用語は多くて、何を拠り所に選んだらよいのかわからない」、「日本酒って難しい!」、「おいしい日本酒はどれか知りたい」。日本酒にそのような感想を持っている皆さんに朗報です! 日本酒選びの参考にできるきき酒イベント「SAKE COMPETITION 2019」が開催され、2019年の日本酒世界一が発表されたんです。

「SAKE COMPETITION」とは?

「SAKE COMPETITION」は、「ブランドによらず消費者が本当に美味しい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとに、日本酒だけのコンペティションとして2012年から始まりました。主催はSAKE COMPETITION実行委員会です。日本酒と一言でいっても品質にはばらつきがあります。そこで、たくさんの日本酒を集め、それらの品質を評価し、日本酒の選択基準を明確にするために企画・開催されているイベントです。審査方法は、完全に銘柄を隠し、日本酒の酒質のみで競うことに徹底しているため、ブランドや銘柄に左右されることなく、どんなブランドでも1位をとるチャンスがある品評会なのです。

5/14に開催されたSAKE COMPETITION 2019予審会には、日本の酒蔵413蔵のほか、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、スペイン、ニュージーランドの13蔵から合計1,919点が出品され、「純米酒部門」、「純米吟醸部門」、「純米大吟醸部門」、「吟醸部門」、「スパークリング部門」、「SUPER PREMIUM部門」、「海外出品酒部門」の全7部門で審査が実施されました。5/16に決審会が開催され、6/10にザ・ペニンシュラ東京で開催された表彰式で各部門上位10位(GOLD)が発表されました(SUPER PREMIUM、スパークリング部門は上位3位、海外出品酒部門は上位1位がGOLD受賞)。

SAKE COMPETITIONSAKE COMPETITION 2019審査の様子

SAKE COMPETITIONSAKE COMPETITION 2019審査の様子

SAKE COMPETITION 2019審査の様子SAKE COMPETITION 2019審査の様子

SAKE COMPETITION 2019 GOLD 受賞酒

SAKE COMPETITION公式サイト(https://sakecompetition.com/)より

純米酒部門

1位「宝剣 純米酒 レトロラベル」宝剣酒造(広島)
2位「美丈夫 特別純米酒」濵川商店(高知)
3位「宝剣 純米酒 広島夢酵母」 宝剣酒造(広島)
4位「美丈夫 純米 慎太郎」濵川商店(高知)
5位「自然郷 芳醇純米」大木代吉本店(福島)
6位「峰乃白梅 純米」峰乃白梅酒造(新潟)
7位「廣戸川 特別純米」松崎酒造(福島)
8位「みむろ杉 ろまんシリーズ 特別純米 辛口 露葉風」今西酒造(奈良)
9位「飛露喜 特別純米」廣木酒造本店(福島)
10位「みむろ杉 Dio Abita」今西酒造(奈良)

純米酒部門純米酒部門

純米吟醸部門

1位「飛露喜 純米吟醸」廣木酒造本店(福島)
2位「磯自慢 純米吟醸」磯自慢酒造(静岡)
3位「鈴鹿川 純米吟醸」清水清三郎商店(三重)
4位「七水 純米吟醸55 雄町」虎屋本店(栃木)
5位「作 雅乃智」清水清三郎商店(三重)
6位「勝山 純米吟醸 献」仙台伊澤家勝山酒造(宮城)
7位「御慶事 純米吟醸 雄町」青木酒造https://www.facebook.com/gokeijikoga/)(茨城)
8位「会津娘 純米吟醸酒 羽黒西64」高橋庄作酒造店(福島)
9位「十四代 中取り純米吟醸 愛山」高木酒造(山形)
10位「今西 純米吟醸 朝日」今西酒造(奈良)

純米吟醸部門純米吟醸部門

純米大吟醸部門

1位「作 朝日米」清水清三郎商店(三重)
2位「太平山 純米大吟醸 天巧35」小玉醸造(秋田)
3位「萩の鶴 純米大吟醸」萩野酒造(宮城)
4位「開運 純米大吟醸 波瀬正吉」土井酒造場(静岡)
5位「福小町 純米大吟醸」木村酒造(秋田)
6位「燦爛 純米大吟醸 山田錦」外池酒造店(栃木)
7位「純米大吟醸 五橋 錦帯」酒井酒造(山口)
8位「木曽路 純米大吟醸 山田錦 磨き35」湯川酒造店(長野)
9位「磯自慢 純米大吟醸40 西戸」磯自慢酒造(静岡)
10位「亀泉 貴賓」亀泉酒造(高知)

>純米大吟醸部門純米大吟醸部門

吟醸部門

1位「天上夢幻 大吟醸 山田錦」中勇酒造店(宮城)
2位「極聖 大吟醸」宮下酒造(岡山)
3位「白菊 特別限定 大吟醸」廣瀬商店(茨城)
4位「桜吹雪 大吟醸」金光酒造(広島)
5位「學十郎 大吟醸」豊國酒造(福島)
6位「桃川 大吟醸 山田錦」桃川(青森)
7位「太平山 大吟醸 壽保年」小玉醸造(秋田)
8位「福小町 大吟醸」木村酒造(秋田)
9位「文楽 大吟醸 袋吊無濾過原酒中汲み」北西酒造(埼玉)
10位「若戎 大吟醸」若戎酒造(三重)

吟醸部門吟醸部門

SUPER PREMIUM部門

1位「十四代 龍泉」高木酒造(山形)
2位「刈穂 滄溟海 純米大吟醸」秋田清酒(秋田)
3位「作 智」清水清三郎商店(三重)

SUPER PREMIUM部門SUPER PREMIUM部門

スパークリング部門

1位「出羽鶴 awa酒 明日へ」秋田清酒(秋田)
2位「SPARKLING RAIFUKU」来福酒造(茨城)
3位「八鹿 スパークリング Niji」八鹿酒造(大分)

スパークリング部門スパークリング部門

海外出品酒部門

1位「Coastal Ginjo」Sequoia Sake Companyhttps://www.facebook.com/sequoiasake/)(サンフランシスコ)

海外出品酒部門海外出品酒部門

日本酒選びの参考にしてみてください。

※このページの内容は2019年6月のものです。