facebook twitter instagram youtube RSS

親と子のギャラリー「日本のよろい!」|東京国立博物館

Culture

ReleaseJuly 17, 2019

2019年7月17日(水)~9月23日(月・祝)、親と子のギャラリー「日本のよろい!」が上野の東京国立博物館で開催されます。

日本のよろい「日本のよろい!」


日本のよろいは、武士の身を守る道具であると同時に、さまざまな工芸技術を結集した総合芸術品です。戦場での活躍をアピールするために、人目を引く美しさも求められ、そのデザインには武士の好みが強く表れています。

この展示では、中世・近世に作られた本物のよろいと、現代に作られたよろいの製作見本をあわせて展示し、複雑に見えるよろいの構造などを分かりやすく紹介します。

日本のよろい重要美術品 金小札紅糸中白威腹巻 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館蔵


この作品は、500年ほど前に製作された甲冑です。甲冑の腰回りを防御する草摺(くさずり)の部分だけを再現した製作見本も一緒に展示されています。

日本のよろい甲冑製作見本 平成19年(2007) 個人蔵


右から、革でできた小札(こざね)と呼ばれる小さなカードのような部品を横に重ねたもの、漆で塗り固めて横の列につなげたもの、絹の組紐によって縦の列に綴り合せたもの、です。

日本のよろいIllustration:武者小路晶子


細かいパーツと甲冑を見比べることができ、甲冑がさまざまな素材や技法によってつくられていることを視覚的に理解することができます。

日本のよろい紫裾濃威筋兜 江戸時代・18 世紀 松平直亮氏寄贈 東京国立博物館蔵


日本のよろい仁王胴具足 安土桃山時代・16 世紀 東京国立博物館蔵


日本のよろいかぶと

日本のよろい時代と共に変わるよろいの胸の部分

また、展示だけではなく、よろいのパーツを実際に触ったり、かぶとをかぶったりできる体験型展示、日本文化体験「日本のよろい!」も7月17日(水)から9月1日(日)まで、開催されます。

日本のよろい実際によろいを触ったり、かぶとをかぶったりできる展示コーナー

親と子のギャラリー「日本のよろい!」を見たあと、この体験コーナーへ行くのがおすすめです。曜日によって、よろいを着る体験もできます!

日本のよろい着用体験用のよろい。子供から大人まで4サイズあります!着用体験がない日にもこのように展示しています。

日本のよろいよろい着用中

日本のよろいよろい着用中

日本のよろいサムライに変身!

こどもでも大人でも、東京国立博物館でサムライ気分になって、日本のよろいを隅から隅まで大解剖しましょう!

【展示開催概要】
会期、会場:
親と子のギャラリー「日本のよろい!」 7月17日(水)~9月23日(月・祝)本館2階 特別2室
日本文化体験「日本のよろい!」 7月17日(水)~9月1日(日)本館1階 特別4室
開館時間:
9:30~17:00(金曜・土曜は 21:00 まで、9月20日<金>・21日<土>は22:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:
月曜日、9月17日(火)
※8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、23日(月・祝)は開館
観覧料:
一般 620 円(520 円)/大学生 410 円(310 円)
※( )内は 20 名以上の団体料金
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
※子ども(高校生以下および満 18 歳未満)と一緒に来館した方(子ども1名につき同伴者 2 名まで)は団体料金。

【よろい着用体験】
実施日:
7月19日(金)から8月31日(土)の金曜・土曜と、8月4日(日)
*8月4日(日)はこども(18歳未満)のみ
時間:
11:00-16:30(受付:10:50~16:00)
*当日受付。事前申込はできません。
*先着順。定員に達した場合、16:00前でも受付を終了します。
定員:各日22名(1人につき1回1種類のみ。着用時間:約10分)
参加費:1,000円

【東京国立博物館】
www.tnm.jp
アクセス:JR上野駅公園口より徒歩10分、東京メトロ上野駅・京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)


※このページの情報は2019年7月の情報です。