facebook instagram youtube RSS

雪と氷の北海道

Travel

UpdateFebruary 25, 2018
ReleaseFebruary 25, 2018

パウダースノー


さらさら・ふかふか。ワンランク上のパウダースノーを満喫してみませんか。

北海道の南西部に位置するニセコ。ニセコアンヌプリ山の裾野には4つのスキー場が広がります。ニセコグラン・ヒラフスキー場は、その中でも最大規模で、30の多彩なコースがあります。ニセコビレッジスキー場では、原生林を滑りぬけるコースで自然を満喫。スノーシューやスノーラフティングのほか、トナカイぞりも楽しめます。2014年には町屋建築風の新商業施設「ザ・ビレッジ」が誕生し、ショッピングやダイニングがさらに充実。ニセコアンヌプリ国際スキー場、ニセコHANAZONOスキー場でも素晴らしいパウダースノー体験ができます。

ルスツリゾートやキロロリゾートでは、スキーを始め、スノーモービル、犬ぞりなど多彩なスノーアクティビティが楽しめます。キロロリゾートではスノーセグウェイも体験してみては。

北海道のほぼ中央にある富良野には、世界的なレースが行われてきた富良野スキー場。ダイヤモンドダストが見られることもあります。シャトルバスも走っているので、夜の町へ繰り出すのも簡単。新富良野プリンスホテルの広大な敷地で行われるイベント、ふらの歓寒村では、スノードームのアイスバーが人気です。

富良野の南にはトマム。星野リゾートトマムは北海道で最大規模を誇るスノーリゾートで、スキーやスノーアクティビティのほか、幻想的な雪と氷の世界を表現したアイスビレッジもトマムならではの楽しみです。

スノーアクティビティ


ダイナミックに!ワイルドに!雪上をスノーモビルやスノーラフティングで豪快に疾走するスリルと爽快感を味わってみましょう。北海道各地で体験でき、コースや時間もレベルに応じて選べます。

マシンとはまた一味違った爽快感が楽しめるのが犬ぞり。そりを引く犬たちと触れ合いながら、一体感を深めれば、ゴールしたときの達成感もひとしおです。

大自然


オホーツクの大海原に広がる流氷は迫力満点!流氷クルーズや流氷ノロッコ号で流氷を眺めたい。ドライスーツを着て流氷原を歩く流氷ウォークも楽しんでは?

まるでダイヤモンドが宙を舞っているかのように大気がきらきらと輝く美しい自然現象、ダイヤモンダスト。大気中の水蒸気が昇華して氷の結晶になり、空中を舞うのです。条件が整わないと見られませんが、川湯温泉のライトアップイベント「ダイヤモンドダスト in Kawayuでは、人工発生させたダイヤモンドダストを見ることができます。

フロストフラワーは、空中の水蒸気が湖上で結晶になる現象。白銀の阿寒湖上に氷の花が咲き乱れる様子は自然の神秘です。

イベント


さっぽろ雪まつり(札幌市) 2月5日~2月18日
100基を超えるキャラクターや著名人の雪像と氷像が登場。ライトアップ、ステージイベントなどもあり、日本を代表する冬の一大イベント。
http://www.snowfes.com/

小樽雪あかりの路(小樽市) 2月6日~2月14日
小樽市の雪と街並みをキャンドルの灯火で照らします。レトロな街並みをキャンドルの灯りが優しく包み込み、ロマンティックな雰囲気を醸し出します。
http://yukiakarinomichi.org/

五稜星の夢(函館市) 11月28日~2月29日
五稜郭の堀の周りを約2,000個の電球で星形に彩ります。白い大地に大きな星が浮かび上がる光景は幻想的。五稜郭タワー展望室から眺めるのがおすすめです。(17時~20時)
http://www.hakobura.jp/stock/event/post-32.html

知床ファンタジア(斜里郡) 2月5日~3月12日
ウトロ温泉で開催。メインイベントのオーロラファンタジーは、音響に合わせて色とりどりのレーザー光線で夜空を照らし、美しいオーロラを再現します。
http://www.shiretoko.co.jp/plans/aurorafantasy/

冬の癒し 雪見温泉


ゆっくりと湯に浸かりながら雄大な雪景色を眺め、疲れた体と心を癒しましょう。

・やわらぎの里・豊平峡温泉(札幌市南区、☎011-598-2410)
・支笏湖 丸駒温泉(千歳市幌美内、☎0123-25-2341)
・層雲峡温泉(上川郡上川町、☎01658-5-3145)

冬の癒し~番外編~


雪と温泉の良さを知っているのは、人間だけではないですよ・・・。

冬の北海道 旅支度


寒さを楽しむつもりで、しっかりとした暖かい服装をしていこう。靴は滑り止めのついた、防寒性と防水性に優れたスノーブーツがベスト。滑り止めグッズは空港や市内コンビニなどで購入できる。アウターはダウンコートがお勧め。パンツの中には厚手のタイツやレギンスを履こう。

外は厳寒でも室内は暖房で暖かいので、手袋や帽子、耳あて、重ね着などで温度調節ができるのが望ましい。

バッグは両手が自由に使えるリュックや肩掛けのビニール素材のものがおすすめ。雪が入らないようジッパー付きのものがよい。