facebook twitter instagram youtube RSS

東京都心や空港からもアクセス良好! 「東京シティ競馬」で“夜遊び”しませんか?

Magazine

ReleaseSeptember 25, 2019

JR浜松町駅から東京モノレールで8分。大井競馬場前駅から歩いてすぐの、東京シティ競馬(大井競馬場)にやってきました。

TCK

東京シティ競馬では、4月〜12月の間、「トゥインクルレース」という、平日夜の開催を行っています。(1月〜3月は昼間開催)迫力満点のレースはもちろん、イルミネーションやグルメなども充実。まるでアミューズメントパークのように、夜の時間をたっぷりと楽しめます。
編集部が訪れた日はあいにくのお天気でしたが、第56回東京記念という重賞レースの開催日とあって、場内は多くの人で賑わっていました。



まず訪れたのは、正門をくぐった右手にある、ぱかぱか広場。こちらでは、馬車馬クライズデールとのふれあいイベントが行われていました。

クライズデール馬車馬クライズデール

クライズデール兄のウェス

クライズデール弟のアル

2頭の頭の上には、ラグビーワールドカップ2019日本大会の公式キャラクター、レンジーが。
クライズデールはレースを走るサラブレッドより体が一回り大きく迫力がありますが、温厚で従順な性格だそうです。隣に並んで写真撮影もできるので、ぜひ怖がらずにチャレンジしてみてください。



場内を歩いていると、東京シティ競馬のキャラクター、うまたせ!とウマタセーヌに出会いました。

うまたせ!
ウマタセーヌ
カメラを向けると、気さくにポーズを決めてくれました。

うまたせ!詳細プロフィールはこちら
https://pluskeiba.com/enjoy/fun-umatase/



TCK 場内には、たくさんのキッチンカーが出店していました。フードやドリンクを手に、レース観戦するのもいいですね。



一通り場内をぐるっと見て回ったので、メインのレース観戦を楽しみましょう。

「競馬」というと、分からない、縁遠いと感じる方もいるかもしれません。馬券はどうやって買うの?競馬場の楽しみ方って?東京シティ競馬ではそんな初心者の方でも安心して競馬を楽しめるように、無料の初心者向けイベントが充実しています。
TCKビギナーズカウンターは中国語、英語にも対応


競馬に関する知識を手に入れたら、まずはパドックへ向かいましょう。
次のレースを走る馬たちを間近で見ることができます。

TCKパドック


お気に入りの馬を見つけたら投票所で馬券を買って、いよいよ本馬場へ!

TCK投票所にも多言語で案内があり、安心です


TCK約4千人収容可能な、地上6階建のスタンド、L-WING
メインレースを前に続々と観客が集まっています。

TCK返し馬。スターティングゲートへと向かいます


TCKいよいよレースが始まりました


TCKゴール直前
雨にも負けない熱い競り合いに、大きな歓声があがっていました。目の前を駆け抜ける馬たちの迫力に、大興奮です。


白熱のレースで満足したあとは、グッズショップに寄るのもお忘れなく。ここでしか買えない競馬や馬のグッズがたくさんあります。うまたせ!のグッズもありますよ。
TCKChampions TCK
TCK



TCK
レースの合間には、内馬場のイルミネーションも点灯されているので、必見です。

最終レースは20:50発走。
東京シティ競馬なら、東京の夜をめいっぱい楽しむことができます。
仕事帰りに、観光の締めくくりに、競馬場に足を運んでみてはいかがでしょうか?




東京シティ競馬(大井競馬場)
https://www.tokyocitykeiba.com/

大井競馬場の広大な敷地を舞台に、様々な光の演出が楽しめるTOKYO MEGA ILLUMINATIONが10月5日にグランドオープン!
詳細はこちら→https://tokyomegaillumi.jp/



※このページの情報は2019年9月の情報です。