facebook instagram youtube

角館

Travel

UpdateFebruary 25, 2018
ReleaseFebruary 25, 2018

江戸時代(1603-1867)初期、城主芦名氏が築いた城下町。芦名家断絶後には、佐竹氏が角館の藩主となった。通りは、途中で直角に曲がっている。これは戦時にそなえた造り。小京都と呼ばれ、今も当時の武家屋敷が残る。薬医門が有名な青柳家の屋敷は、三千坪の屋敷内に六つの資料館があり、代々伝わる武具、美術品、秘蔵の品が公開されている。石黒家は、角館に現存する武家屋敷の中で、最も格式が高く古い屋敷。黒板塀が美しい。岩橋家、松本家は映画「たそがれ清兵衛」のロケにも使われた。美しいしだれ桜の古樹は、17世紀に京都から移植したものといわれ、国の天然記念物のものも多い。