facebook instagram youtube RSS

蔵王

Travel

UpdateFebruary 25, 2018
ReleaseFebruary 25, 2018

山形・宮城両県にまたがる蔵王連峰。雄大な自然が広がる。夏ならばハイキング、冬はスキーなど1年中楽しめるリゾート地だ。
有名な蔵王の樹氷は冬の季節風が生んだ自然の芸術だ。シベリアから吹き付ける冷たい季節風が朝日連峰にあたって急上昇し、湿気を多く含んだ冷たい霧となり、蔵王のアオモリトドマツの枝や幹に触れた瞬間氷結する。さらにこの上に雪がつき、巨大な塊へと成長していく。アーノルド・ファンクの記録映画によって、スノーモンスターとして世界に紹介された。
御釜は、蔵王連峰のひとつ、刈田岳のカルデラ湖で、周囲約1km、直径約360m、水深25m。エメラルドグリーンの湖面が美しい。蔵王エコーラインから蔵王ハイライン(有料道路)を経由して標高1758mの刈田岳山頂から歩いていく。健脚ならトレッキングするのもいいだろう。
麓には、蔵王温泉、遠刈田温泉などの温泉がある。