facebook twitter instagram youtube RSS

暖かい冬の日を過ごしましょう。日本のこたつ!

Travel

ReleaseNovember 6, 2019

こたつは日本の冬の風物詩ですが、不思議なものと思っている方もいるのでは?こたつは昔から日本の家庭で使われており、不可欠な暖房器具です。飲食店や旅館など、旅先でもこたつを体験できるところがあるので、ぜひ試してみませんか?


こたつとは?

こたつとは、テーブルの天板の下に熱源があり、その上に布団を被せた暖房器具です。こたつに入ると、腰から下が温まります。

こたつに欠かせないもの

こたつに入って、冬に旬を迎えるみかんを食べる光景が定番です。
みかんには風邪予防や水分補給の効果があり、こたつに入っている時にはぴったりです。


福井県ではみかんではなく、冬に水羊羹を食べる食文化が根付いているなど、地域によって個性もあります。


こたつと言えば、猫を連想する方もいるのでは?寒がりな猫は暖かいこたつに惹かれるようです。


こたつの種類

伝統的なこたつは大きな長方形・正方形のローテーブルですが、最近は、デザイン性が高くて、おしゃれなこたつテーブル、一人用、ペット用、椅子に座ったまま入れるこたつなど様々なこたつがあります。


堀りごたつとは

床、畳を一部切り取り、その上にこたつを設置したものです。通常のこたつと違い、椅子に座る感覚で使用できるので、正座が苦手な人におすすめです。


観光しながら、こたつを楽しもう!

ぐるっと松江 堀川めぐり

島根県松江市では、小船で堀をめぐり、松江城下の風景、小泉八雲ゆかりの地などを眺めることができます。11月10日から4月10日には、こたつに入れる遊覧船が運航します。
https://www.matsue-horikawameguri.jp/



最上川舟下り

船上から最上峡の景色を楽しめる舟下りです。2019年12月~2020年3月まで「こたつ舟」が登場します。暖かいこたつを囲んで、船中から冬の景色を眺めましょう。まるで水墨画のような世界に入れます。
*こたつ舟は一日3便10:50、12:50、14:50
http://www.blf.co.jp/



東京こたつスポット

Cafe Stay Happy

リゾート風の店内には、11月から3月くらいまで、かわいい柄の布団を被せたこたつ席があります。有機栽培の野菜や無添加食材を使用し、世界各国のビール、コーヒーやデザートが人気です。
最寄り駅:下北沢駅

TOP






両国テラスカフェ

隅田川のほとり、旧安田庭園に隣接する「食と健康」がテーマのカフェです。季節を感じる開放的なテラス席は、冬場10月21日~3月(予定)の期間のみ「こたつ席」に変身します。こたつに入ったまま鍋料理もたのしめます。
最寄り駅:両国駅
https://ryogokuterrace.owst.jp/




「こたつ猫」のお菓子

ネコドーナツ

井の頭公園に佇むカフェ「ブルースカイコーヒー」の人気商品です。ドーナツは猫のかたちで外がカリッとして、中がふわふわした食感です。袋には「こたつ」のイラストが描かれていて、まるで猫がこたつで寝ているようです。
http://blueskycoffee.jp/



「こたつ猫」の海老せんべい

海老せんべいの名店「桂新堂」の冬限定の詰合せ「冬あかり」には、かわいい猫の形をした「こたつ猫」が入っています。外装フィルムにコタツの絵が描かれていて、こたつ布団の中にまるで猫が寝ているよう!お土産にもぴったりです。
https://www.keishindo.co.jp/foreign/tc/index.html



※このページの情報は2019年11月の情報です。