facebook instagram youtube RSS

鶴岡

Travel

UpdateFebruary 25, 2018
ReleaseFebruary 25, 2018

庄内藩酒井氏14万石の城下町。文学者、藤沢周平の故郷で、作品に登場する海坂(うなさか)藩のモデルで、時代小説ファンにはたまらない都市である。「蝉しぐれ」など藤沢原作の映画の多くのロケが行われたほか、最近では「おくりびと」の撮影も現役の銭湯である「鶴の湯」はじめ市内各所で行われた。庄内映画村資料館には映画のセットや小道具、資料などが陳列されている。また、9月12日(土)には、庄内映画村オープンセットも公開され、情緒あふれる「庄内藩レトロバス」で訪れることができる。
庄内平野は古くからの穀倉地帯で、米も豊かで野菜もうまい。有名なイタリアンの店、アル・ケッチァーノは全国から人が訪れる。

湯野浜温泉は日本海沿いにある古くからの温泉郷。加茂水族館には、常時30~40種のクラゲが展示され、展示種数では世界一。2008年のノーベル化学賞を受賞した下村脩・米ボストン大名誉教授からアドバイスを受け、オワンクラゲの発光に成功した。

湯田川温泉は、金峯山の麓に沸くのどかな温泉街。日本海に注ぐ温海川沿いに開けたあつみ温泉は1100年の歴史を持ち、八乙女伝説のロマン息づく由良温泉、湯野浜温泉、湯田川温泉とともに庄内を代表する温泉街である。