facebook twitter instagram youtube RSS

人気の寝台特急サンライズ出雲に乗ってきました

Travel

ReleaseJune 22, 2021

JR寝台特急サンライズ出雲は、東京駅から島根県の出雲市駅までを結ぶ、現在定期運行されている唯一の寝台夜行列車です。
列車旅好きの憧れの寝台特急、約12時間の旅の様子をレポートします!
サンライズ出雲 サンライズ出雲 夜22:00に東京駅を出発。ちょっとレトロな方向幕に気分があがります。

サンライズ出雲 通路 サンライズ出雲 通路車内通路。内装は木の温もりを感じる落ち着いたデザイン。

この列車に乗るには運賃と特急料金の他に寝台料金が必要で、部屋のタイプで価格が異なります。
一番グレードの高いA寝台(シングルデラックス)は広々とした個室に専用の洗面台や机があり、まさにデラックス。一番部屋数が多いB寝台(シングル、ソロ)の他、2人利用可の部屋もあり、旅のスタイルに合わせて選べます。個室でなくてもかまわないという方には、寝台券不要の座席もありますよ。切符はひと月前から購入できますが、休前日など人気の日程はすぐに予約が埋まってしまうことも多いです。


サンライズ出雲 ソロ利用したのはB寝台(ソロ)の下段。ベッドは身長164㎝の私で少し余裕があるくらいでした。秘密基地のようでわくわくします。

サンライズ出雲 ソロ サンライズ出雲 ソロ照明やラジオ、アラームなどは窓横で操作。コンセント、ドリンクホルダーも付いています。

サンライズ出雲 シングル
サンライズ出雲 シングルちなみに、帰りは別タイプの部屋(シングル)でした。ソロよりも若干広く、持ち物を広げられる机や足元の荷物スペースが十分にありました。


サンライズ出雲 洗面夜の間は景色が見えないので車内を探検。トイレと洗面台は全車両に設置されています。シャワー券を購入すれば、シャワーも浴びることができますよ。

サンライズ出雲 ラウンジラウンジ

サンライズ出雲 大阪駅4:30 誰もいない大阪駅を通過。
興奮して寝たり起きたりを繰り返していたのですが、走行音や他の部屋の音はほとんど気にならず、快適でした。


サンライズ出雲 車窓
サンライズ出雲 車窓朝焼け


サンライズ出雲 切り離し6:27 岡山駅に到着。実は、列車の半分は「サンライズ瀬戸」。瀬戸大橋を渡って香川県の高松駅を目指すため、ここで車両を切り離して見送ります。こちらもいつか乗ってみたい!


サンライズ出雲 車窓
サンライズ出雲 車窓
サンライズ出雲 車窓
サンライズ出雲 車窓再び出発。次々移り変わる車窓の景色は見ていて飽きません。寝転んで景色を楽しめるのも個室寝台の良いところ。


宍道湖
宍道湖楽しみにしていた宍道湖の景色。日本で7番目に大きい湖で、シジミなどが名物です。


出雲市駅そして終点の出雲市駅へ。楽しくてあっという間の12時間でした。


【おまけ】
朝到着するので、着いた日からたくさん動き回れるのもサンライズの利点。島根観光を思いっきり楽しみました!

出雲大社 出雲大社縁結びの神として名高い出雲大社
しまねっこ島根県の観光キャラクター「しまねっこ」
松江城松江城

松江の和菓子松江の和菓子



ライター:一人旅大好きChiyo


*このページの情報は2021年6月の情報です。