facebook twitter instagram youtube RSS

伊東温泉:数々の文化人が愛した海辺の温泉街

Travel

UpdateJuly 27, 2021
ReleaseMay 1, 2021

伊豆半島の東側に位置する静岡県伊東市の伊東温泉は、関東近郊を中心に人気を誇っている温泉地のひとつ。東京から新幹線で約90分という高アクセスも魅力ですが、人気の理由はその泉質だと言われています。単純泉・弱食塩泉で、刺激が少なく肌に優しいお湯なので、子どもから高齢者まで幅広い層に親しまれています。リュウマチやケガ、病後の回復期などに適していると言われていて、17世紀半ば、徳川幕府の三代将軍徳川家光にも伊東の温泉を献上していました。近代以降も、温泉と風光明媚な風景が愛され、多く政治家や文化人たちが伊東を訪れました。

伊東温泉 東海館
伊東温泉の歴史を今に伝えているのが「東海館」。伊東温泉の中心エリアにある木造3階建の建物で、庶民のための温泉旅館として1928年に建てられました。現在は温泉旅館としては営業していませんが、市の観光施設として内部を見学でき、日帰り入浴も可能です(2021年4月現在、感染症対策のため日帰り入浴は休止中)。
東海館は当時の職人たちが趣向を凝らした和風建築で、高級な木材や、変木(へんぼく)と呼ばれる変形した木材が使用され、館内の随所に味わい深い装飾が見られます。

伊東温泉 東海館
伊東温泉 東海館 宴会をする大広間もあり、当時の温泉文化を知ることが出来ます。

ほかにも伊東温泉には和風の温泉旅館やリゾートホテル、民宿など様々な温泉宿があり、オーシャンビューを楽しみながら浸かれる温泉も人気があります。さらに温泉をディープに楽しむなら、市街地に10か所ほど点在している共同浴場(銭湯)めぐりをしてみましょう。ほぼすべての施設が源泉かけ流しで、良質な温泉を楽しめます。

伊東温泉 松川遊歩道 ©伊東観光協会

海に面した伊東の街は新鮮な魚介類も自慢。市街地には海鮮丼や郷土料理の飲食店も多いので、温泉めぐりと共にグルメも堪能しましょう。
伊東温泉 海 写真提供:静岡県観光協会

伊東温泉 海鮮
ほかにも紅葉の名所になっている一碧湖(いっぺきこ)や、火山の噴火口の形が残る大室山など、自然に親しめるスポットがたくさんあります。歴史、自然、温泉をまとめて楽しみたい方には伊東温泉がおすすめです。

伊東温泉 大室山 ©伊東観光協会


アクセス
東京駅→東海道新幹線35分または45分→熱海駅→JR伊東線で20分→伊東駅

問い合わせ
伊東観光協会
TEL:0557-37-6105
https://itospa.com/

※このページの内容は2021年4月のものです。

att.Ryokan:http://att-ryokan.net/archives/2665