facebook twitter instagram youtube RSS

西表島を感じる:世界自然遺産を探検できる恩恵

Travel

ReleaseAugust 25, 2021

石垣島 エリックさん

writerエリック・ファンライン

オランダ出身です。現在、沖縄県石垣島でコンサルティングと民間の宿泊施設を運営しています。近くの西表島を訪ねるのが好きで、最近も西表島の最も美しい滝を訪れる素晴らしいツアーに参加しました。



西表島
数ヶ月前、日本の最新のユネスコ世界自然遺産の一部として西表島は登録されました。しかし、西表島は数百年もの間、人間が自然と共存して生きてきた島です。大部分がジャングルで覆われた亜熱帯の島には、多様な動植物が生息するユニークな生物多様性があり、約2500人の島民が暮らしています。

石垣島からの日帰りも可能ですが、西表島に一泊すれば、島を満喫し、6月下旬から7月上旬の夜に咲く華麗なサガリバナの花を体験するといった早朝ツアーに参加することもできます。

西表島カヌー
サガリバナ

8時間のトレッキングツアーのため、プメハナアドベンチャーズのプライベートガイド、ウメザワ・タカシさんが午前7時に迎えに来てくれました。目的地は西表島の広大なジャングルの中心にあるマヤグスクの滝。沖縄の言葉で「マヤグスク」とは、島の緑豊かな山に生息する希少絶滅危惧種のイリオモテヤマネコを指す「ヤマネコの城」を意味します。タカシさんの説明によれば、「滝は基本的に1970年代まで知られていませんでした」。これは、この自然の見どころである滝がいかに遠いかを示す証拠でしょう。

ツアーの出だしは大変ではありません。まず浦内川でボートに乗り、整備された小道を歩きます。しかしここから進路はエキサイティングになります!経験者であっても、周囲の状況と潜在的な危険を知り尽くした地元のガイドは必須です。さらに、島の生活や道中の自然についての説明は、幾度も西表島を訪れている者にとっても驚きと感動を与えてくれます。西表島の最も素晴らしい場所を経験する比類なき特権というごほうびです。

マヤグスクの滝

地元のガイドを見つける良い方法の1つは、宿泊施設に確認することです。公認ガイドは、西表ネイチャーガイドのマークで確認できます。西表島エコツーリズム協会代表の徳岡春美氏は、「マークは、西表を持続可能な方法で楽しむための一つの指標です。私たちが誇りに思う美しいこの島の自然を守ることは、観光業者と観光客双方の課題です」と述べています。

公認ガイド

マヤグスクのツアーは、自然遺産にふさわしい西表島のジャングルを探検し体感できる素晴らしい方法であり、大きな満足感も得られるでしょう。
西表島

アクセス:
東京(羽田空港)から飛行機で約3時間→石垣島から船で40~50分→西表島
大阪(関西国際空港)から飛行機で約2時間半→石垣島から船で40~50分→西表島

八重山ビジターズビューロー:https://yvb.jp/
Pumehana Adventures:https://pumehana-iriomote.jp/


※このページの情報は2021年8月のものです。