facebook twitter instagram youtube RSS

日本茶の世界

Culture

ReleaseDecember 17, 2021

「日本茶」って何?


日本の食や文化に深く根差している「日本茶」。抹茶は世界でも人気の飲み物ですが、一体「日本茶」とは何を指すのか、どのような種類があるのか、知っていますか?

「日本茶」とは一般的に、日本で生産された緑茶のことを指します。
同じ「お茶の樹」を源とし、発酵させずに作ったものを「緑茶」、半分発酵させたものを「烏龍茶」、完全に発酵させたものを「紅茶」と分類します。
その「緑茶」でも、製法によって様々な種類に分類されます。ここでは代表的な4種類をご紹介します。

煎茶

日本茶の代表ともいえるのが煎茶。日本全国の緑茶の生産量のうち54.2%を占めており(2020年統計)、緑茶の中でもっとも広く飲まれているものです。日光を遮らずに栽培し、茶葉を蒸して揉みながら乾燥させたお茶です。

玉露

高級品という印象が強い玉露。収穫前に20日前後、茶樹あるいは茶園全体に覆いをかけて日光を遮る「被覆(ひふく)」という工程を行います。収穫後は煎茶と同様の加工方法です。
玉露

ほうじ茶

香ばしい香りと飴色(翻訳時:深みのある橙色)が特徴のほうじ茶。煎茶や番茶(新芽を刈り取った後の茶葉や、大きく育って硬くなった茶葉で作られるお茶)をさらに高温で焙煎してつくります。焙煎の過程でカフェインが昇華するので、苦みがなくすっきりとした味わいです。最近ではお菓子やラテに使用されることも多いです。
ほうじ茶

抹茶(碾茶)

茶道でよく飲まれる粉末状のお茶、抹茶。玉露と同様に被覆を行った茶葉を蒸したあと、揉まないで「碾茶炉」などで乾燥させて「碾茶」とよばれる状態にします。それを茶臼などで粉末状にしたものです。
抹茶

お茶を飲むには欠かせない茶器


お茶に合わせて茶器を選ぶことが、それぞれのお茶の美味しさを引き出すポイントです。特に大事なのは、お茶の適温に合わせた温度のお湯を注ぐ「注器」です。
約80度のお湯で淹れる煎茶に向いているのは、一般的に日本の家庭で使われている、急須とよばれる茶器です。日本の急須は横に持ち手が付いているのが特徴です。
50~60度という低温で淹れる玉露には、持ち手のない宝瓶(ほうひん)という注器がおすすめです。中が広く作られたものが多く、茶葉が開きやすいので玉露の旨味をしっかり引き出します。

急須
急須


宝瓶
宝瓶


食べても美味しいお茶


緑茶を淹れた後の茶殻は、捨ててしまうことがほとんどだと思います。茶葉には多くの栄養素が含まれていますが、実は約7割が水に溶けずに茶葉の中に残っているそうです。茶葉を食べることで、その残った栄養素を丸ごと摂取することができます。
おすすめの食べ方は、醤油を数滴落としただけの「茶殻のおひたし」。簡単にできる上、お酒のおつまみにぴったりの味になります。

att.JAPAN編集部おすすめの日本茶ブランド、和束茶


石寺 和束茶は、「桃源郷」ならぬ「茶源郷」と呼ばれる京都府の和束町で生産されるお茶です。日本を代表するお茶のブランドで、日本三大茶の1つとして知られている宇治茶の約4割が和束産で、碾茶に関しては日本トップクラスの生産量を誇ります。
2025年の大阪・関西万博の開催を前に、近畿圏が国内外の注目を浴びることを想定し、知名度向上を支援する「地域ブランド」にも選ばれました。今後ますます人気が高まること間違いなしのブランドです。
産地に行って知った和束茶のおいしさの秘密はこちらの記事で!

※このページの情報は2021年11月の情報です。

宇治茶の生産地 京都の「茶源郷」和束の魅力
宇治茶の生産地 京都の「茶源郷」和束の魅力
2025年に関西万博が開催されるのに合わせて選定された、「地域ブランドエコシステム」のひとつにもなった、京都府の和束茶。日本茶の代表的ブランドでもある宇治茶の約.....

日本茶を色々な方法で楽しもう
日本茶を色々な方法で楽しもう
日本茶好きは見逃せない、飲むだけじゃない様々なお茶体験ができるおすすめ施設をご紹介します! 〈食べる〉dan dan cafë 段々畑「石寺の茶畑」の景色を堪能.....