facebook twitter instagram youtube RSS

【東京散歩】東京・青梅で「昭和レトロ」と「猫」探しの旅

Travel

ReleaseMarch 14, 2022

新宿駅からJR中央線で約60分で到着する東京都青梅市。かつて江戸(現在の東京)と甲州(現在の山梨県)を結ぶ青梅街道の宿場町・青梅宿があり、昔から多くの旅人や商人が行き交っていました。現在も歴史を感じる街並みが残り、とくに1900年代中頃の“昭和レトロ”を感じる街として注目されています。
青梅市
その青梅が今脚光を浴びているもう一つの理由、それが「猫」なんです。
JR青梅駅前、旧青梅街道沿いの道には看板がずらりと並んでいます。これはすべて有名映画に猫をからめたパロディ看板です。絵本作家・山口マオさんの作品で、街のあちこちに10点ほどあるそう。この映画看板をはじめ、青梅は「猫町」と言われるほど猫にまつわる出会いがたくさん!
青梅市の猫の看板

猫の看板


なぜ青梅市は猫の街?
宿場町としてにぎわった青梅は、織物の町でもありました。昔、絹を産する蚕の天敵であるネズミを退治するため、この町では猫が大事にされたのだそうです。常保寺というお寺には猫の形をした「猫地蔵」が祀られています。また、商売繁盛を願って奉納された猫の神様が鎮座する住吉神社もあります。そのような町と猫のつながりから、猫をテーマにした町おこしが始まったそうです。
住吉神社
住吉神社


昭和レトロ商品博物館

旧青梅街道沿いで目をひく古い木造建築で、中には1950~70年頃のおもちゃや薬、食べ物やドリンクのパッケージなど、生活雑貨が所狭しと並んでいます。大人は懐かしく、若い世代はレトロな雰囲気を新鮮に楽しめるはず。青梅市出身の映画看板師・久保板観さんが手掛けた看板の展示も圧巻。
昭和レトロ商品博物館の外観
昭和レトロ商品博物館

昭和レトロ商品博物館の内観
レトロな内装

昭和レトロ商品博物館のコーラの展示
コーラのグッズ

昭和レトロ商品博物館の映画看板の展示
映画看板の展示

昭和レトロ商品博物館の薬の展示
薬の展示

昭和レトロ商品博物館
入館料:大人350円
営業状況はTwitterでご確認ください。
https://twitter.com/gentokan


ナミオ珈琲

2022年2月には、昭和レトロ商品博物館の1階に「ナミオ珈琲」がオープン。落ち着いた空間で本格的なコーヒーと手作り焼きドーナツがいただけます。カフェラテにはかわいい猫のラテアート。
ナミオ珈琲の店内
ナミオ珈琲

ナミオ珈琲のドーナツ
ドーナツ

ナミオ珈琲のカフェラテ
カフェラテ

ナミオ珈琲
https://www.instagram.com/namiocoffee/

昭和幻燈館

昭和レトロ商品博物館のすぐ近くにある別館で、墨絵作家・有田ひろみさんと有田ちゃぼさんの常設展があります。レトロな雰囲気の猫の絵やぬいぐるみ作品など、ほのぼのするものばかり。また、ジオラマ作家・山本高樹さんのノスタルジックで幻想的なジオラマ作品も展示されています。
昭和幻燈館
昭和幻燈館

昭和幻燈館の入り口
入り口

昭和幻燈館の展示 昭和幻燈館の展示
展示

昭和幻燈館のジオラマの展示
ジオラマ

昭和幻燈館
入館料:大人250円
営業状況はTwitterでご確認ください。
https://twitter.com/gentokan


にゃにゃまがり

駅前の路地で見つけた不思議な看板、「昭和の猫町 にゃにゃまがり」。ここはもともと「七曲りの路地」と呼ばれる細く折れ曲がった道で、そこに地元の方が猫の飾りつけを始めたんだそうです。色々な表情の猫の看板や大小さまざまな置物など、手作り感いっぱいの、ゆるくて味わい深い通りにワクワクが止まりません!さりげない足跡にも注目を。

青梅 にゃにゃまがりの猫の飾り 青梅 にゃにゃまがりの入り口 青梅 にゃにゃまがりの地面 青梅 にゃにゃまがりの壁

シネマネコ

青梅駅から徒歩15分ほどの位置にある、2021年にオープンした映画館。国の有形文化財に登録されている旧都立繊維試験場の建物を改修したもので、木造建築のぬくもりを残しつつ、最新設備を取り入れたシアターになっています。併設のカフェだけの利用もできるので、散策の途中で休憩に寄るにも良いですね。イチオシメニューは地元のパン屋の手作りパンを使ったかわいい猫型のフレンチトーストです!
CINEMA NEKO 外観
シネマネコ外観

CINEMA NEKO シアターの様子
シアター

猫型のフレンチトースト
猫型フレンチトースト

シネマネコ
https://cinema-neko.com/


ノスタルジックでユニークな街・青梅で、お気に入りの「レトロ」と「猫」を探しにのんびり歩いてみませんか?

▷青梅市公式「おうめ観光ガイド」:https://www.omekanko.gr.jp/

※このページの情報は2022年2月の情報です。

東京・奥多摩の春・夏に行きたいおすすめスポット
東京・奥多摩の春・夏に行きたいおすすめスポット
東京といえば大都会の風景だけではありません。東京西部の多摩地域、とくに青梅駅から奥多摩駅を結ぶJR青梅線は別名「東京アドベンチャーライン」と呼ばれ、まさに自然の.....

日本の猫さんぽ♪ のんびり沖縄編
日本の猫さんぽ♪ のんびり沖縄編
国内はもちろん、海外からも多くの人が訪れる人気のリゾート地である沖縄。 マリンアクティビティや絶景めぐり、美味しいグルメを楽しんだりと見所はたくさんありますが、.....

西日暮里プチトリップ♪
西日暮里プチトリップ♪
西日暮里という街を歩いたことはありますか? JR山手線、京浜東北線、東京メトロ千代田線、日暮里・舎人ライナーなど多くの路線が行き交う西日暮里駅。電車の乗り換えや.....


ライターAyumi

千葉県出身、甘いものが大好きなAyumiです。大学では日本史学を専攻し、旅先では古代から近代まで幅広く史跡巡りをしています。これまでに訪れた城の数は大小合わせておよそ100か所。アニメや漫画の「聖地」探しにも余念がありません。