facebook twitter instagram youtube RSS

小浜温泉:夕日が輝く海辺の湯

Hot springs

ReleaseMay 14, 2022

九州・長崎県の小浜温泉。小浜温泉が位置する島原半島は、中央部に火山である雲仙岳があります。その火山の恵みとして半島の各地で温泉が湧いており、西側には小浜温泉、東側には島原温泉、中央部には雲仙温泉と、温度や効能もそれぞれ違う多様な温泉を楽しむことができます。

ライターMai

鹿児島で生まれ、九州各地で暮らしてきたMaiです。九州の食とお酒、温泉が大好きで、「九州八十八湯めぐり」の最上位「泉人(せんにん)」になるのが目標。大好きな地元九州を中心に、ワクワクする日本の魅力を発信したいです!


小浜温泉の歴史は713年に編さんされた「肥前風土記」にも記されるほど古く、1914年頃から次第に湯治場として利用されるようになったと言われており、古くから多くの人々の体と心を癒してきました。約30ヶ所もの源泉から豊富な温泉が湧き出ており、橘湾の地下にあるマグマ溜まりに近いため、その源泉の温度はなんと105度と全国の温泉の中でも高温。泉質は塩化物泉で、湯に含まれる塩分が肌表面に付着することで肌の乾燥や汗の蒸発を防ぐため、湯から出たあともポカポカと身体が温かいのが特徴です。

小浜温泉は西向きの海岸沿いにあることから夕日の名所でもあります。橘湾沿いに旅館が立ち並び、宿のお風呂や共同浴場などで温泉に入りながら海に沈む美しい夕日を眺めることができます。温泉街にある宿湯と外湯、全15軒の中からそれぞれ2軒ずつ利用できる「湯めぐり札」(1,300円)を使って、気になる浴場を巡るのもおすすめです。※年末年始・大型連休中は販売していません。

ここでは浸かるだけではない温泉の楽しみ方もできます。小浜温泉を訪れると、公園の広場やレストラン、宿などで蒸し釜を見かけます。これは温泉の蒸気を利用して食材を蒸すための蒸し釜で、無料で使える場所もあります。卵や野菜、お肉や魚介類など、好きな食材を蒸し釜に入れるだけで、旨味がぎゅっと閉じ込められた蒸し料理が出来上がります。他にもご当地グルメの「小浜ちゃんぽん」、地元産の食材を使ったスイーツなどグルメも充実。温泉街での食べ歩きが楽しめます。

小浜温泉 橘湾 茜色の夕焼け 橘湾を望む温泉街。茜色に染まる夕焼けは息を吞む美しさです。

小浜ほっとふっと 波の湯 茜 海沿いに旅館や共同浴場が点在しており、海の上にいるような爽快感を味わえる浴場も人気です。

小浜温泉 日本一の足湯 小浜温泉足湯 ほっとふっと105の蒸釜 小浜温泉 ほっとふっと105 蒸釜のたまご 源泉温度105度にちなんだ、長さ105メートルの日本一長い足湯「ほっとふっと105」。足湯に浸かりながら望む夕日の美しさは格別です。ウォーキング足湯や愛犬と一緒に楽しめるペット足湯、食材を蒸すことができる蒸し釜もありますよ。温泉の蒸気で蒸した食材は、甘みが増して絶品です。

小浜温泉 小浜ちゃんぽん ご当地グルメの小浜ちゃんぽん。あっさりしたスープに、長い太麺、そして地元の新鮮な具材をたっぷり使用していることが特徴です。

編集者から
長崎県内や島原半島内でとれた新鮮な食材を使用した自家製ジェラートが楽しめる「ORANGE GELATO」がおすすめ。足湯に浸かって海を眺めながら食べると、より一層美味しく味わえます♪
小浜温泉 自家製ジェラート
●アクセス
羽田空港→飛行機で1時間50分→長崎空港→バスで30分→諫早ターミナル→バスで50分→小浜温泉

●問い合わせ
小浜観光案内所
TEL: 0957-74-2672
https://obama.or.jp/



写真提供:長崎県観光連盟

*このページの情報は2022年4月の情報です。

絶景と歴史に思いを馳せる 長崎県五島列島 福江島の旅 Vol.1
絶景と歴史に思いを馳せる 長崎県五島列島 福江島の旅 Vol.1
日本で最も島の数が多い長崎県。その数なんと971!!壱岐、対馬、五島列島など個性豊かな島が数多くありますが、その中でも、2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシ.....

絶景と歴史に思いを馳せる 長崎県五島列島 福江島の旅 Vol.2
絶景と歴史に思いを馳せる 長崎県五島列島 福江島の旅 Vol.2
もくじ 大瀬崎灯台山本二三美術館椿茶屋 福江島での宿泊はこちらがおすすめ! GOTO TSUBAKI HOTEL 五島列島は2018年に「長崎と天草地方の潜伏キ.....

雲仙温泉:“地獄”の熱気を体感
雲仙温泉:“地獄”の熱気を体感
九州・長崎県の雲仙温泉。「雲仙」という地名は古代から「温泉」と書いて「うんぜん」と読まれていたことに由来すると伝わるほど、温泉地として知られていました。皮膚病や.....