facebook twitter instagram youtube RSS

ひとり○○

Magazine

ReleaseApril 24, 2019

「ソロ活」という言葉をご存知ですか?“ひとり飲み”や“ひとりカラオケ”などひとりの時間を満喫する「ソロ活」を楽しむ人が増えています。友達や家族と過ごすのも良いですが、たまに自分だけで好きなことをしてみると、ストレス発散にもなり新しい発見が見つかるかも。att.JAPAN編集部の「ソロ活」達人がおすすめの“ひとり○○”をご紹介します。

ひとり読書

ひとりの時間の過ごし方といえば読書を思い浮かべる方も多いのでは?六本木の「文喫」でよりオシャレにひとりの読書時間を過ごしてみましょう。書店ですが、入場料1,500円を支払えば閉店まで利用でき、文学・科学・アートなど約三万冊の書籍を自由に手に取り読むことができます。コーヒーと煎茶はおかわり自由で、小腹が空いたら喫茶室もあります。一日中読書に没頭できますよ。
文喫
http://bunkitsu.jp/

Bunkitsu

Bunkitsu

Bunkitsu

Bunkitsu


ひとり焼肉

日本は元々立ち食いそばや牛丼など、ひとりで手早く済ませられるファストフード店が多いですが、近ごろ店が増えているのはひとり焼肉!「焼肉ライク」はひとり焼肉専門店。ひとり用のロースターがあり、50gの少量から注文できるので様々な種類を注文できます。ひとりなら焼き加減やタレにも好きなだけこだわって理想の焼肉を追求できます。
焼肉ライク
http://yakiniku-like.com/

Yakiniku Like

Yakiniku Like


ひとりキャンプ

キャンプの心得があるならぜひ挑戦を。ひとりで設営すれば達成感もひとしおです。自然に囲まれてぼーっと過ごす、何をするのも自由な解放感はたまりません。ひとりキャンプ初心者なら北軽井沢スウィートグラスがおすすめ。浅間山麓の広々とした自然の中でキャンプができ、ひとり用のソロサイトもあります。きれいな炊事場やサニタリー施設も完備、ソロキャンプセットの貸出サービス(有料)もあります。
北軽井沢スウィートグラス
https://sweetgrass.jp/

Kitakaruizawa SweetGrass

Kitakaruizawa SweetGrass

Kitakaruizawa SweetGrass

Kitakaruizawa SweetGrass


ひとり遊園地

グループで行くものという先入観を捨てて、新しい扉を開いてみませんか?アトラクションやショー、季節のイベントを自分の心の赴くままに楽しみましょう。ファンタジーな世界を撮影したり、きらめくイルミネーションを眺めながらひとりお酒を楽しんだり…最高の非日常体験と言えるでしょう。「ソロ活」している人は意外と多く、実際に入ってみると気にならないかもしれません。アトラクションで、空いた席にひとりのゲストを優先的に案内してくれるシングルライダーのサービスを行っているテーマパークもあります。

Amusement Park
Amusement Park
Amusement Park
※このページの情報は2019年4月の情報です。