facebook twitter instagram youtube RSS

道後温泉:歴史ある湯と風情ある温泉街を楽しむ

Travel

UpdateJune 25, 2021
ReleaseOctober 5, 2017

道後温泉
四国の北西部、愛媛県松山市に位置する温泉処、道後温泉。日本最古の湯の一つに数えられ、その歴史は3,000年も前に遡ると言われています。飛鳥時代(592~710年)の皇族・政治家として有名な聖徳太子の来浴が伝えられているほか、数々の皇族が訪れた記録が残る、古よりその名を馳せる温泉です。

泉質はアルカリ性単純泉で刺激が少なく、湯治や美容に効果があると言われています。18本ある源泉の温度は20~55度と幅広く、これらの源泉をブレンドすることで最適な温度を作り出す、全国的にも珍しい「無加温・無加水の源泉かけ流し」が道後温泉の特徴です。

道後温泉 道後温泉本館
道後温泉街の魅力は、何といってもその情緒あふれる街並み。中でも明治時代(1868~1912年)に建てられた道後温泉本館は木造3階建ての楼閣で、国の重要文化財にも指定されています。1階は比較的安価で利用できる「神の湯」、2階には皇族のために作られた高級感のある浴室「霊の湯」となっていて、他にも文豪・夏目漱石の作品「坊つちやん」にも登場する個室の休憩処など、歴史を感じる館内でくつろぐことも可能。地元の人々にも愛される道後温泉のシンボルです。

道後温泉 道後温泉本館 神の湯
道後温泉 道後温泉本館 神の湯
道後温泉 道後温泉本館 神の湯
2017年にオープンした道後温泉別館「飛鳥乃湯」は、飛鳥時代をイメージした建物が特徴。開放的な大浴場や露天風呂、さらに本館にある皇室専用の浴室「又神殿」を再現した浴室などを楽しむことができます。愛媛県の伝統工芸を用いた美しい装飾にも注目です。

本館の南側には、道後温泉街を一望できる展望遊歩道があります。源泉かけ流しの足湯が設置され、リラックスしながら道後温泉の街並みを眺めることができるおすすめスポットです。

道後温泉
松山城、しまなみ海道といった観光地からも近く、日本最古の湯の一つとして地元民から数々の著名人まで訪れる人々を魅了してきた道後温泉。情緒あふれる街並みで、その歴史に思いをはせてみませんか。

道後温泉 松山城

アクセス
羽田空港→飛行機で90分→松山空港→リムジンバスで45分→道後温泉駅

問い合わせ
道後温泉事務所
TEL:089-921-5141
https://dogo.jp/

※このページの内容は2021年4月のものです。

att.Ryokan:http://att-ryokan.net/archives/2840