facebook twitter instagram youtube RSS

神田あれこれ週記 342

Column

ReleaseNovember 12, 2019

2019.11.12
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
 11月9日(土)11:00頃、家を出るとお祭りの半てんを着た男性が駅に向かっていました。あれっ? こんな時期に近くで祭りあったっけ? 歩いていくと、また別の半てん姿の人達。よく見るとその白い半てんには「神田神社」の文字・・・あぁ、今日か! お祝いだ!! そういえば、天皇陛下ご即位の祝典に、明神様からもお神輿を出すことになり、氏子の各町会から2名ずつ担ぎ手を出せる、という話があったのを思い出しました。そう、鍛治町二丁目町会のウチの御神輿も立派だけれど、神田明神の大神輿はホントお見事で、それを担いでお祝いができるなんて、何という名誉!! それでもって、日枝神社」や富岡八幡宮からも、さらには浅草神社や他からも多くの御神輿が一同に会するなんて、まずありえないこと。もうお祭りのお祭り=大祝祭!
 これだけでもすごいのに、全国から秋田の竿燈まつりとか高知よさこい、沖縄エイサーetc. 集まったんですよね。ということはたくさんの神様がお祝いして下さったはず。間違いなくいい時代になるでしょう。令和万歳!! 


writer小川文子


神田駅近くでパン屋さんを営むご夫婦の奥様。東京・神田周辺で起こったことを中心に、日常のあれこれを綴ってお客様に配布している「神田あれこれ週記」が好評です。群馬県高崎市出身。