facebook twitter instagram youtube RSS

Posts Tagged '海鮮'

和倉温泉 能登半島 海

和倉温泉:シラサギが発見した、海の温泉街

和倉温泉は石川県の能登半島にあり、日本でも珍しい「海の温泉」が湧き、豊富な塩分を含んでいるのが特徴的です。そのため、傷や皮膚病に作用する「殺菌効果」、塩分が皮膚に付着することで汗の蒸発を抑えて湯冷めを防ぐ「保湿効果」、塩分が毛穴を引き締め肌をなめらかにする「美肌効果」の3つが主な効能です。 開湯12…

伊東温泉

伊東温泉:数々の文化人が愛した海辺の温泉街

伊豆半島の東側に位置する静岡県伊東市の伊東温泉は、関東近郊を中心に人気を誇っている温泉地のひとつ。東京から新幹線で約90分という高アクセスも魅力ですが、人気の理由はその泉質だと言われています。単純泉・弱食塩泉で、刺激が少なく肌に優しいお湯なので、子どもから高齢者まで幅広い層に親しまれています。リュウ…

伊豆下田温泉

伊豆下田温泉:異国情緒漂う港町のリゾート温泉地

伊豆半島の南、静岡県下田市。伊豆急下田駅の改札を出ると、大きな黒船「サスケハナ号」の模型が出迎えてくれます。幕末(1854年)に、ペリー提督率いるアメリカの艦隊が来航した下田港。開国の歴史を感じる港町の温泉地です。 伊豆下田温泉は、下田市に湧き出る、蓮台寺温泉、河内温泉、白浜温泉、観音温泉、相玉温泉…

コスパ最強!東京都心で新鮮な魚介がリーズナブルに味わえる店を紹介

地下鉄三田駅より徒歩5分のところにある「三田魚介センター」通称「ミタギョ」。 ここでは新鮮な魚介類をリーズナブルな値段で味わうことができます! 今回は東京タワーの近くにある地下鉄赤羽橋駅より、東京タワーをバックに歩いてお店に向かいました。東京のシンボルである東京タワーの迫力を間近で感じることができる…

鶴仙渓の川床

山中温泉:1300年の歴史と伝統文化が息づく渓谷の湯

山中温泉は、今から1300年前に高僧・行基によって発見されたと伝えられています。以来、多くの人が山中を訪ね、その湯で病や疲れを癒したとされます。1690年には、俳聖・松尾芭蕉が弟子の曾良を伴って日本各地を旅した際に訪れ、山中の湯を有馬・草津と並ぶ名湯と讃えたといわれています。現在も山中の地には、リウ…

黄金崎温泉

黄金崎不老ふ死温泉:潮騒を聞きながら、遠く水平線に沈む夕日を眺めながらの入浴は最高

青森県の黄金崎不老ふ死温泉。海辺の岩場にある露天風呂は、日本海が目の前に広がり、海岸と一体化した絶景が広がります。 海を眺める露天風呂 もともと海岸にわずかに温泉が湧いていた場所で、1970年に地下200mまでボーリングしたところ自噴したそう。お湯は塩分と鉄分たっぷりでよく温まり湯ざめをしにくく、ま…

宇奈月温泉 黒部峡谷 トロッコ列車

宇奈月温泉:美しい峡谷にたたずむ北陸屈指の温泉郷

富山県、立山連峰と後立山連峰の間を流れる黒部川に沿った大きな峡谷「黒部峡谷」。 その玄関口にある宇奈月温泉郷は、2015年の北陸新幹線の開業で、東京からも大阪からもアクセスしやすくなりました。 かつては、一面に桃の林が広がる地であった宇奈月温泉は、黒部川の水力電源開発とともに1923年に開湯しました…

山代温泉

山代温泉:芸術家も愛した由緒ある温泉

山代温泉は、名湯で知られる石川県の加賀温泉郷のひとつです。 その歴史は古く、1300年以上前、高僧行基が霊峰白山へ修行に向かう途中、湯の中で羽の傷を癒しているカラスを見つけ、手を浸すとそれは温泉だったと伝えられます。そのカラスは、ヤタガラスという神武天皇の道案内をしたといわれる伝説の三本足の霊鳥であ…

湯の川温泉

湯の川温泉:美しい夜景を楽しめる海沿いの温泉郷

函館空港から車で約5分の海岸線沿いに広がる温泉郷、湯の川温泉。古くから登別温泉、定山渓温泉と並び北海道の三大温泉郷の一つに数えられています。 1653年、当時の松前藩主が瀕死の病に侵され、治療も薬も効かず日に日に悪化していったある夜、“松前城の東にある温泉に行けばどんな病も治る”というお告げが母の夢…