【山陽エリア編】JR西日本でめぐる絶景&体験~2023-24最新版~

個性豊かで魅力的なスポットがあふれる西日本。鉄道やフェリーで各町に簡単にアクセスできるのも嬉しいポイントです。西日本のおすすめスポットと体験をご紹介します!

◆岡山県

温暖な瀬戸内海の気候によって、果物の生産が豊富なことから「くだもの王国」として知られています。

 

倉敷美観地区

大阪と広島の中間に位置する倉敷。倉敷美観地区には、川沿いに白壁の伝統的な建物や近代の洋風建築、柳の木が立ち並び、和洋折衷の美しい景観を楽しめます。古い建物はその形を活かした改修がされ、個性的な雑貨店やカフェ、ミュージアムなどに生まれ変わりました。着物をレンタルしたり、人力車に乗ったり、日本的情緒をたっぷりと味わえます。

・倉敷美観地区まち歩きクーポン

美観地区のご当地スイーツの食べ歩きや美術館、博物館の入館などに使えるクーポンです。観光のお供にぜひ!

アクセスJR倉敷駅
URLhttps://okayama.visit-town.com/visittour/cp_kurashiki-machi-2023/

あわせて読みたい

岡山城

1597年頃に建てられたこの城は黒塗りの壁が特徴で、その外観から「烏城」とも呼ばれます。体験型の展示を導入するなど歴史を伝える城として、2022年11月に再びオープンしました。迫力ある城郭に、来訪者は思わず見入ってしまうでしょう。

大人(15歳以上)400円

アクセスJR岡山駅から路面電車で5分、「城下」下車、徒歩10分
営業時間9:00~17:30(最終入場17:00)
定休日12月29日~12月31日
URLhttps://okayama-castle.jp/

夢二郷土美術館 本館

大正浪漫を代表する岡山出身の詩人画家でデザイナーでもある竹久夢二の美術館。肉筆作品で随一のコレクションを誇り常時百点以上の作品を楽しめます。岡山後楽園そばにあり、気まぐれ出勤のお庭番頭ねこの黑の助や夢二の世界を体感できるカフェ&ショップ「art café 夢二」も人気。

大人(18歳以上)800円

アクセスJR岡山駅から路面電車で5分、「城下」下車、徒歩15分
営業時間9:00~17:00(最終入場16:30)
定休日月曜 日(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/1)
URLhttps://yumeji-art-museum.com/

さんすて岡山

JR岡山駅にある複合商業施設。岡山定番のお土産やスイーツからグルメまで、幅広い店舗が並んでおり、旅行でお立ち寄りいただくと便利です!

アクセスJR岡山駅直結
営業時間10:00~20:00
定休日無休

宗家 源吉兆庵

岡山生まれで、現在は海外にも展開する人気和菓子店。伝統的な製法を守りながら、日本の四季それぞれにおいしく美しい和菓子を提供しています。マスカットや桃などの旬の果実の姿・形・味わいをそのまま和菓子に仕立てた「自然シリーズ」は、お店を代表する商品です。

アクセス JR岡山駅から徒歩7分
営業時間9:30~19:00
定休日元日
URLhttps://www.kitchoan.co.jp/

ベティスミス ジーンズミュージアム&ヴィレッジ

国産ジーンズ発祥の地「児島」にあるジーンズミュージアム&ヴィレッジは、ジーンズを「学ぶ」「買う」「体験する」、まさにジーンズの魅力が詰まった施設です。そのなかでも「ベティズストア&アウトレット」では、定番のジーンズやTシャツのほか、アウトレット品など幅広く購入が可能です!

アクセス JR児島駅からタクシーで10分
営業時間9:00~18:00、冬季は9:30~17:00
定休日年末年始
URLhttps://betty.co.jp/

楽しい岡山パス(Have Fun In Okayama Pass)

岡山市や倉敷市の観光施設をお得に周遊できる「楽しい岡山パス」をご用意しました。 この商品は、対象施設からお好きな施設を3施設選択できます。 対象施設はwebサイトをご覧ください。

URLhttps://www.tripellet.com/hfokayama/jp
◆広島県

県の南側は瀬戸内海に面し、牡蠣の生産量は日本一。また原爆ドームと厳島神社の2か所の世界遺産があることで知られています。

おりづるタワー

高さ約50mの屋上展望台"ひろしまの丘"からは、原爆ドームや広島城、晴れている日は宮島の弥山まで、広島を代表する場所が一望できます。一日の中であれば再入場も可能ですので、昼と夜で異なる景色を楽しめるのも魅力。広島ゆかりのアーティストによるウォールアートや、地元の名産品を使ったカフェやお土産ショップもあります。 自分で折った折り鶴を最上部から投入し積み上げていく「おりづるの壁」も体験できます。 

大人2,200円 おりづる投入料金100円

(詳細は公式webサイト参照)https://www.orizurutower.jp/

アクセスJR広島駅から広島電鉄で「原爆ドーム前駅」下車、徒歩すぐ
営業時間10:00~18:00(最終入館17:00)
定休日不定休
URLhttps://www.orizurutower.jp/

あわせて読みたい

お好み焼きテーマパーク「駅前ひろば」

広島のご当地グルメ・お好み焼きの人気店が集まっています。伝統的な広島の味からモダンなアレンジまで幅広く楽しめます。また、12店舗がワンフロアに集まっているので、現地に着いてから好きな店舗を選べます。

アクセスJR 広島駅から徒歩3分
営業時間10:00~23:00
定休日無休
URLhttps://ekimae-hiroba.jp/

ekie広島駅

広島の食べ物・物産・伝統工芸品など、地域の魅力ある商品を多く取り揃えており、思いがけない発見があるかも。広島観光の始まりや締めくくりにぜひチェックしてみては?

アクセス JR 広島駅直結
営業時間10:00~21:00※ゾーンにより異なる
定休日不定休
URLhttps://www.ekie.jp/

あわせて読みたい

ホテルグランヴィア広島 ロビーラウンジ

広島駅直結でアクセスしやすいホテルのカフェラウンジ。紅茶やスイーツをいただきながら休憩しましょう。

アクセスJR 広島駅直結
営業時間10:00~17:00
定休日無休
URLhttps://www.hgh.co.jp/rest/lobbylounge.html

広島市シェアサイクル ぴーすくる

広島市シェアサイクルぴーすくるの専用ポートは広島駅周辺やおりづるタワー周辺など市内に約 140 か所あり、電動アシスト付きの自転車を気軽に利用できます。1 日パスで街中の移動に必要な時に利用できるので、自由な観光を楽しめます。

1日パス 1,527円(ぴーすくる窓口で購入)

アクセスJR広島駅から徒歩約10分(ぴーすくる窓口)
URLhttps://docomo-cycle.jp/hiroshima/whatiscs/

瀬戸内シーライン「1日フリーパス」

広島湾の観光に便利な瀬戸内シーライン。1日フリーパスなら広島港~宮島や広島港~江田島など、5航路すべて高速船もフェリーも1日乗り放題! 料金:大人3,700円

URLhttps://setonaikaikisen.co.jp/archives/news/463

あわせて読みたい

鞆の浦

鞆の浦は、古くから国内外との交易で栄え、瀬戸内海を象徴となる風情がある港です。シンボルである石灯台「常夜燈」をはじめ、17~19世紀の歴史文化が残されています。町並みの美しさから、数々の映画のロケ地や、アニメ作品の舞台にもなっています。 中でも、迎賓館として使われた「対潮楼」では、かつて日本一とも称えられた瀬戸内海の絶景を見られます。また、鞆の浦の渡船場から連絡船で5分で行ける無人島「仙酔島」も、神秘的な自然景観が楽しめると人気です。

アクセス JR福山駅からバスで30分
URLhttps://visittomonoura.com/

あわせて読みたい

◆山口県

本州の西端に位置し、関門海峡で九州と結ばれています。中央部には日本最大のカルスト台地「秋吉台」が広がっています。

防府天満宮

日本全国に数多くある学問の神様を祀る天満宮、その最初が防府天満宮だと言われています。季節ごとの景色を眺めながら、抹茶と和菓子を体験できる茶室芳松庵もあります。

茶室芳松庵:500円(お抹茶・お菓子付。庭園の拝観は無料。)、歴史館:大人500円(高校生以下無料)

アクセスJR防府駅から徒歩15分
営業時間6:00~20:00(茶室芳松庵9:30~16:00、歴史館9:00~16:30)
定休日無休
URLhttps://www.hofutenmangu.com/

あわせて読みたい

毛利氏庭園・毛利博物館

17世紀以降この地を長く治めていた毛利家が、近代に入り作庭した日本庭園。当時の庭職人の技術が凝縮され、自然美と人工が絶妙に調和した傑作だと言われています。邸宅の一部は「毛利博物館」として毛利家伝来の美術品などを展示しています。 

大人400円(いずれも庭園のみ。毛利博物館は別途必要。)

・防府共通拝観券「知っちょるCa」

防府天満宮(茶室芳松庵または歴史館)と毛利氏庭園を含む4か所の史跡の拝観券が一つになって、お得になるチケットです。

1,200円

アクセスJR防府駅からバスで6分、「毛利本邸入り口」下車
営業時間9:00~17:00
定休日無休(庭園のみ無休。博物館は12月22日~31日)
URLhttps://c-able.ne.jp/~mouri-m/te_teien/index.html

海峡ゆめタワー

本州と九州を隔てる関門海峡のランドマーク。高さ153m、30階(143m地点)にある展望室は世界初の球形ガラス張りとなっていて、関門海峡や瀬戸内海など360度のパノラマビューが楽しめます。

大人(18歳以上)600円

アクセスJR下関駅から徒歩7分
営業時間9:30~21:30(最終入館21:00)
定休日1月第4土曜日
URLhttps://www.yumetower.jp/

あわせて読みたい

このページの情報は2023年10月の情報です。
ライター
att.JAPAN Editorial Team
att.JAPAN編集部は20~30代を中心にした旅行好きのメンバーが集まったグループです。日本全国の観光やグルメ情報のほか、温泉や旅館など幅広い情報をお届けしています。有名な観光スポットはもちろん、日本全国の最新施設のニュースや東京の穴場エリアの紹介、1日散策モデルコース、アニメの聖地巡りなど、att.JAPANならではの情報も多数掲載しています。外国人ライターが切り取った日本を紹介するコンテンツもあります。

岡山県 記事

自然・絶景 記事